2007年11月04日

2007年11月第1週

[ 11月4日 古道の峠で古代人の息遣いを感じました。]
(1)博物館便り
10月27日(日)に東京の(ライフクリエーションスペース)OVEにて「自転車通勤セミナー」を行った。
今年2回目のセミナーで、自転車通勤を始めようかと考えている人が7人集まってくれた。あいにくの台風接近で雨が終日降り続き、セミナーのあとOVEのある南青山から大手町まで通勤ルートを考え、走る予定だったが、中止せざるを得なかった。
まず最初に自転車通勤のメリットについて話し、そのあと実施するための手順を話した。家族の同意や会社の規定など、自転車を買う前に考え、調べることはずいぶんと多いのだ。
座学についてはゆっくり進めたが、外を走れず時間に余裕が出来たので、パンク修理の講習を行った。まず車輪を外し、タイヤを外し、チューブを交換するのを見てもらった。
本当は全員が自分でやる体験こそが、身につく技術となるのだが、今回は機材の用意をしていなかった。
参加者からは、どのモデルを買えば良いか等質問があった。
私は自転車は機械で継続的なメンテナンスが必要なので、訪問しやすいお店を何店か探し、店主と気が合う親切なお店を探す事の重要さを説明した。お店の扱うブランドで通勤コースを走るのに適した自転車を、ヘルメットや用品を含めた予算の中で選ぶようアドバイスした。

07.11-1.jpgOVEの自転車通勤セミナーに参加した7人のメンバーと







(2)通勤サイクリング
先週は東京出張があったりで、あまり走れなかった。
堺の自転車まちづくり市民の会の毎月の行事、20日の自転車デーは地下鉄御堂筋線 の北花田駅 に隣接するイオンモールで行った。交通ルールをクイズで答えてもらった。さすがに買い物客が多く、アンケートは900人分集まった。ここは博物館から自転車で20分程で行ける。
駐輪場に大事な自転車を置いて盗まれたら困るので、当館のレンタサイクルで行った。地図も持たず勘を頼りに走っていくと、昔の街道の風情がある道に出た。標識で長尾街道(古代の大津道)とわかった。
21日は健康サイクリングを 明日香村 で開催した。この時は自転車で竹内峠を越え明日香村まで走った。613年に古代の国道一号線として、堺と大和を結んだと伝えられる。竹内街道の難所だが、走ってみて、私の想像を超えたきびしい登りが続いていた。古代に大陸の文化を受け入れ、シルクロードの終着点と言える道を越えて、古代日本人や渡来人の通った道を感慨を持って走った。
自動車で通ったのでは、道の険しさ、道の持つ空と 森 との接点を体で感じることが出来ないと思う。長尾街道や竹内街道という古道を走ると、難所を苦労して越えた古代人の息遣いまで感じられるのが、自転車の大きな魅力だと思うのです。(中村博司)



posted by bikemuse at 10:16| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。