2010年01月30日

★2010年1月第5週

[ 1月31日 冬の終りを彩る蝋梅(ろうばい)と水仙が美しい]
(1)博物館便り
先週に引続き講演依頼が来た。今回の依頼は地元の警察署の依頼で、自転車と健康についての講演を約1時間の予定で行うことになった。
警察関係者も若い頃は柔道や剣道を熱心にやるが、中年になるとあまり稽古をしなくなる人が多くなり、いわゆるメタボ予備軍の人も増えているとの事だ。
話の内容は、自転車がいかに有効な有酸素運動であり、楽しく効果の高い運動が出来るかということ、を説明したい。また自転車通勤を強く勧めたいと考えている。軽車両である自転車で堂々と車道を走って下さいと話したいと考えている。
<今週の展示車>
今回の紹介で当館2階の「歴史と技術のフロア」における展示車は終了する。このフロアでは自転車の発達を5段階に分けて見せている。
@「地面を蹴った」ドライジーネ A「地面から足が離れた」ミショー型ボーンシェーカー B「より速く」オーディナリー C「より安全に」セイフティ D「より快適に」コンフォート
と自転車は進化を重ねてきたのである。これは2007年に作られた自動変速、自動サスペンション機能を備えたコンフォートバイクである。
10.1-5.jpg
(2)通勤サイクリング
先週は雨の日があり、ヘルメットにホテルで備付けされているシャワーキャップをかぶせてみた。サンバイザー付ヘルメットにピッタリのサイズで、頭が濡れなくて良かった。ただ耳あて付キャップをかぶっていたので、少々暑く感じました。お試しあれ。
来週2月4日は立春で、春の到来とすれば、今週は冬の終りの一週間ということになる。
この冬の終りに咲くのが蝋梅(ろうばい)である。
蝋梅は甘い香りのする花で、裸のままの枝に蝋のような半透明の花を咲かせる。中国原産の植物の中で比較的遅く、江戸初期に渡来したとのことだ。

10.1-5-2.jpg私の家の庭に咲く蝋梅です。
冬の終りに咲く花として水仙も白く美しい花を咲かせる。
この水仙は地中海沿岸を原産として、シルクロードを通って日本に渡来したものだ。一部は野生化して越前海岸、房総半島、淡路島に群生地がある。いかにも日本的な花なので、日本の花と私も思い込んでいました。(中村博司)

10.1-5-1.jpg私の家の庭に咲く水仙です。



posted by bikemuse at 12:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。