2011年02月26日

★2011年2月第4週

[ 2月27日 少し遠回りして帰宅したくなる季節がやってきた。]
(1)博物館便り
先週は他県の教育委員会の方が来館された。
キャリア教育として、ものづくり体験を行う事業を行っていて、その1つに自転車をテーマにしたプログラムを行っている。
自転車の分解組立実習と共に、自転車の歴史等を学ぶために当館へ下見のために来られたのである。当館もシマノと共に堺市の小学校でキャリア教育「こんな自転車欲しかってん」の授業に協力し、このノウハウを生かして博物館イベント「こんな自転車欲しかってんコンテスト」を実施している。この目的は子供達の問題解決能力を養うことにある。
当館の自転車の展示やDVD、そしてイベントとキャリア教育の取り組みに大変関心を持っていただいたようだ。堺市以外でも自転車をテーマにしたキャリア教育が良い結果をもたらし広がるよう、当方としても協力していきたいと考えている。

<今週の展示車>
1960〜1980年代に小中学生中心に大流行したフラッシャー等方向指示器の付いたジュニア・スポーツ車です。
11.2-4.jpg
(2)通勤サイクリング
陽射しが強まり、眩しさを感じるので、メガネをUVカット付きの夏用に変更した。寒さも弱まったので、フリースのマスクやシューズカバーを使わずに走っている。こうした防寒具は真冬には効果が絶大で、真冬の朝の通勤サイクリングには必需品だ。ただ厚いジャージーやウィンドブレーカーの重ね着と共に着用するのが面倒なこともあり、使わずにすむに越したことはない。
春になれば身軽に走れる。重装備から解放され、体が軽くなると心も軽くなる。咲き誇る梅林を訪れるなど、少し遠回りしたくなる季節がやってきた。(中村博司)
11.2-4-1.jpg堺市内で唯一の梅の名所、荒山公園の梅林です。
(3)新刊の紹介
八重洲出版から「スポーツ サイクル カタログ2011」が2月21日(月)に発行されている。
ロードバイクを中心に新モデルを多数紹介しているが、巻末にツーリング用のキャンピング車も紹介されていて目が留まり、時間をとって旅をしたくなりました。
11.2-4-2.jpg


posted by bikemuse at 11:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

★2011年2月第3週

[ 2月20日 大仙公園は雪景色]
(1)博物館便り
あと1ヶ月半で4月である。毎年1回は展示を新しくするコーナーが3階にある。いわゆる特別展示で、2010年度は「世界の街と自然の中を走る自転車」というタイトルで、それぞれの国の気候、風土、文化によって自転車が独自に発展するのを見ていただいた。
今年のテーマはシマノが創業90年を迎えるにあたり、20世紀の後半から自転車の技術的な発展を支えたシマノのものづくりの歴史をふり返るものを計画している。ほぼイメージを固め、展示する自転車の選定も終わりました。説明文を完成させてポスターの制作にとりかかる準備を進めています。4月1日から展示を開始します。お楽しみに。

<今週の展示車>
シマノレーシングチームのエースで、アテネオリンピックに出た頃の鈴木真理選手のレーサーです。
11.2-3.jpg

(2)通勤サイクリング
先週14日は大阪南部に雪が降った。
この日は月曜日で博物館の休館日。朝から冷え込んでいる。走るのは午後にしてと考え、最近エアコンの効きが落ちているので、久しぶりにエアコンのエアフィルターを掃除した。開けてビックリ、フィルターがほこりだらけである。我家の愛犬ココ(もうすぐ8歳)の毛や綿ぼこりでビッシリだ。掃除機できれいになったら、エアコンが元気になり効果が大改善された。エコライフで自転車通勤や風呂の残り湯を洗濯やトイレに流すなどしていますが、エアコンのフィルター掃除もエコライフになるのでしょう。
昼食後も気温が上らないと思っていたら、雪が降り出し、雪の勢いは強まるばかり。みるみる銀世界になってしまい、休日なのに自転車に乗れませんでした。残念。
15日は融けた雪で路面が濡れているので、泥除け付スポルティーフで博物館へ。大仙公園も雪景色でした。(中村博司)
11.2-3-1.jpg大仙公園の広い芝生が銀世界に変身です。
posted by bikemuse at 10:13| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

★2011年2月第2週

[ 2月13日 フリースのマスクは高地トレーニング効果があるか?]
(1)博物館便り
春が近づくにつれて自転車のイベントが増えて、当館にも自転車の展示協力要請が増えてきた。
現在NHKの朝の連続テレビ小説は「てっぱん」を放映中だが、その製作を担当しているNHK大阪放送局より「BK86さくら祭り〜てっぱん&自転車フェア」(3月11日〜21日)を開催したいのでと、自転車の貸出し要請があり、協力する。
てっぱんに登場する「お好み焼き」と「自転車」は大阪の人々の暮らしに欠かせないものとして共通しており、テーマになったとのことだ。
場所はNHK大阪放送局の1Fアトリウムとその南側のひろばである。当館からドライジーネとミショー型ボーンシェーカー、オーディナリーの本物の展示と試乗用にレプリカも数台貸出す予定だ。
また愛媛県八幡浜市で観光ボランティアをする方が来館された。
当館で展示している1860年代に製造されたと思われる三輪車は、2005年に八幡浜市の旧家の方より寄贈していただいたものだ。その旧家を観光資源として活用する計画があり、4月23〜24日にマウンテンバイクのクロスカントリーレースイベントの開催に合わせて、この三輪車を「お里帰り」させて展示したいと協力要請があったので、NHKに貸出した3台も合せて貸出しする予定だ。
これからも自転車の文化を発信し、自転車を活用したまちづくりを真面目に取組む活動をしている方を積極的に支援していきたいと考えています。
11.2-2.jpg
八幡浜市から来られた方々と寄贈いただいた三輪車の前で記念写真を撮りました。
<今週の展示車>
イタリアのトリノに工房があるジオスの子供用レーサーである。1995年1月の阪神淡路大震災による被災地の現状と支援を訴えて、日本を回った矢崎兄弟の弟さんが使用したものである。
11.2-2-1.jpg
(2)通勤サイクリング
先週は久しぶりに大阪に雨が降った。40日ぶりとか天気予報では言っていた。
夜に雨足が強かったが、朝は小雨の中を泥除け付のスポルティーフでレインジャケットも着用して通勤に出発。たいして濡れることもなく博物館に到着した。いつもの軽快に走れるロードレーサーに比べ重い700×28cのタイヤ、泥除け付のフェンダーが空気抵抗を増すのか、思うようにスピードが上らず少々疲れた。疲れる理由としてもう一つ考えられるのは寒さ対策でフリースのマスクを着用していることが、呼吸で空気を吸い込む邪魔をしていることがある。いわば高地トレーニングに似た効果があるように感じている。これで脚力向上に効果があればとも思うが、こんな事で大きな効果があるとは期待しない方がよさそうだ。
こういう時期だから、重めのタイヤをつけてゆっくりしたスピードで距離を走ることが必要でもある。脚力のアップのために、週に何度かは重めの28cタイヤをつけた通勤ロードで走ってみようかと思っています。(中村博司)


posted by bikemuse at 15:46| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

★2011年2月第1週

[ 2月6日 私は冬と夏でメガネを換えて走っています。]
(1)博物館便り
1月末に地域の魅力発信セミナー「駐日外交団視察ツアー」の御一行様が来館し見学していただいた。外交団は19名、外務省から4名、堺市からは4名、観光ボランティア2名の29名だ。
このセミナーは外務省が主催し、自治体が姉妹・友好都市交流、貿易振興、投資、観光誘致の場を提供するため駐日外交団に呼びかけて実施している。
今回はアゼルバイジャン、ラトビア、キューバ、レバノン、サモア、パラグアイ、ケニア、レソト、クロアチア、フィジー、ポーランド、ロシア、中国、ベトナムの外交官が参加して、J-GREEN、刃物ミュージアム、メガソーラー、グリーンフロント、仁徳陵古墳と当館を回って下さった。
さて当館では、40分程の時間で、私の当館の紹介と12分のビデオ上映、そして館内案内をした。優れた競技者を数多く生んでいるラトビアの外交官は自転車好きの人で、ランス・アームストロング選手の世界選手権の優勝車の前で話が盛り上がりました。
<今週の展示車>
1973年にDURAACEが誕生して、25周年を記念して作られた7700DURAACEの25周年モデル(1998年)を組み込んだコルナゴの美しいロードバイクです。
前ホークとチェンステー、シートステーがメッキ仕上げの車体に磨き上げられた25周年モデルの部品がマッチしています。
11.2-1.jpg
(2)通勤サイクリング
1月は正月休みもあり、通勤日が少なく575kmの走行だった。
2月3日は節分、2月4日は立春であった。1月末からの寒気も緩み、春が近いとようやく実感する。先週までの寒さは緩み、気持ちよく走っている。立春が過ぎて陽の光が日増しに強くなり、余寒厳しい中にもどこか春の訪れを感じる・・・。こういう季節をひかりの春と呼ぶそうである。
そろそろレンズの大きい冬用のメガネから通常のものに換える時が近づいて来た。冬は寒いのでレンズの大きいものが目の周りが温かく感じる。反対に夏はレンズの小さいものが涼しいのである。そしてフリースのマスクを外して走りたい。しかし春は花粉の季節でもある。私もここ数年で花粉の症状が出てきた。今年の花粉は多いとの予報もある。素直に喜べない春が近づいて来た。(中村博司)
11.2-1-1.jpg左が冬用のメガネでレンズが大きい。右が私の夏用のメガネ、UVコーティングしてある。
始めからこういう目的で購入したのではなく、使っている間に気付いて使い分けるようになったのです。


posted by bikemuse at 15:33| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする