2011年03月26日

★2011年3月第4週 

[ 3月27日 自転車利用者が急増。しかし素直に喜べない現実も。]
(1)博物館便り
先週NPO自転車活用推進研究会からメールが入った。杉並区に研究会の事務所があるが、前の道を通る自転車が急増しているというものだった。
帰宅難民、計画停電による不便な通勤手段に対応しての急増に間違いない。しかし素直に喜べない問題が起きている。
昨年秋のデータでは車道通行の自転車が半数を越えていたが、通行自転車が昨年秋に比べ約3倍に増えることにより車道通行の自転車の比率が3割台になってしまうという現実がある。しかもスピードを落とさずに歩道を走る暴走自転車が急増しているそうだ。ルールを知り、安全に走るツーキニスト以外の自転車利用者に対して啓発活動に力を入れる必要がある。
3月19日(土)に毎月行っている自転車デーの活動を堺市内のショッピングセンターで行ったので、私も手伝ってきた。活動の内容は自転車に関する交通ルールをクイズのシートに解答してもらい、市民の会のメンバーが正しいかチェックして、誤りがあれば説明する。記念品として反射板のついたキーホルダーのようなものを渡す。また11時、13時、15時の3回で総合学習プログラムのスタッフによる自転車講座も行った。このショッピングセンターの活動に立ち寄って下さった市民の方は500人程度になる。この日にショッピングセンターに来た人は2〜3万人はいたと思うので、微々たる方に行ったにすぎないが、根気強く継続することが大事だと思う。
11.3-4.jpgショッピングセンターの自転車デー風景
<今週の展示車>
先の北京オリンピックよりBMXが正式種目になったので、購入したものです。
11.3-4-2.jpg
(2)通勤サイクリング
暖かい日と冷え込む日が数日ごとに変わるが、ウィンドブレーカーの枚数を変えて対応している。いわゆる三寒四温という春の季節の特長が現れている。
博物館のある大仙公園の早咲きの桜が美しい。
被災地の桜が咲く頃には明るい希望が芽生えることを切に望む。
相変わらず節電の話で恐縮だが、博物館で節電を実施することを考えている。とりあえず自転車の体験場「自転車ひろば」にある自動販売機は週末のイベントの時しか使わないので、平日はコンセントを抜いても良いかと自販機の設備業者に問合わせている。
電力消費は夏にピークを迎える。その時までにもっともっと節電できることを考え続けたい。もちろん節水も大事です。水を大事にすることと同時に、河の水を浄化し、水道水にするため電力が必要なのです。もちろん西日本と東日本の電力は50ヘルツ、60ヘルツと異なることは知っています。私が節電にこだわるのは、西日本にこれ以上原子力発電所が必要という議論が出ないためです。需要がなければ供給体制は必要ないのです。(中村博司)
11.3-4-1.jpg大仙公園のしだれ桜です。






posted by bikemuse at 11:01| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。