2011年04月30日

★2011年5月第1週

[ 5月1日 パンクしないタイヤの正体]
(1)博物館便り
愛媛県八幡浜市の菊池家から日本で最も古いと思われる三輪自転車を寄贈いただいたのは2005年2月だった。
この八幡浜市でまちおこしの活動をしている「菊池清治邸を活かす会」の世話人の方が来館され、ここで開かれるマウンテンバイクのレース開催に合わせ4月22日(金)〜25日(月)まで、この三輪車のお里帰りを企画し「日本最古の自転車展」を開催したいので協力してほしいと要請があった。
展示場所は八幡浜市の戦後初の市長であったこの菊池清治氏宅である。当方としても、非常に貴重な三輪車を寄贈いただいたお礼も兼ねて、当館の所蔵するドライジーネ、ミショー、オーディナリー、セイフティの4台も合わせて貸出し、合計5台の展示にして、説明パネルも当方が用意するなど協力して実施した。
菊池清治邸を生かす会の方も、貴重な自転車5台のために泊まり込むなど、注意を払っていただいた。4月22日には八幡浜市長などのテープカットが行われ、この展示期間中に来館された方は1,000名を超える盛況であったとお聞きした。
自転車を活用したまちづくり、まちおこしの自助努力をされている活動に対しては今後とも協力させていただきたいと考えている。
11.5-1-1.jpg
八幡浜市の菊池邸に展示されている里帰りした日本最古の三輪車

<今週の展示車>
特別展「シマノ90年のあゆみ」に展示中の昭和30年代に作られたナショナル自転車の3段変速サイクリング車です。
11.5-1.jpg

(2)通勤サイクリング
ようやく暖かくなってきたと思ったら、27日の大阪は暑いと思わせる陽気となった。ショートパンツで今年初めての通勤をした。
南からの強い風に押される形で、普段の2割増しのスピード走行を楽しみました。こんなに暑くなる時は雨の前兆であることが多く、午後から雨になった。
この日の夕方は堺市役所で「堺・自転車のまちづくり市民の会」の会合が開かれ、私を含め8人が出席した。そのうち1人は先日まで堺市の自転車まちづくり推進室のスタッフだった方で、大阪府からの出向で堺市で働いていて、4月の異動で大阪府に帰られたのだが、今回から一市民としてこの活動に関わりたいとの意欲を持っておられ、嬉しくなりました。
今回の議題は市民の会のメンバーが中心に改訂作業を昨年春から今年3月上旬まで行っていた「堺市自転車地図」の紹介だった。この地図は5月1日より希望者に無料で配布される。当館でも配布用に預かって来た。この地図の完成を記念して6月19日(日)にサイクリングを実施することが決定した。午前の部と午後の部があり、午前は堺の環濠周辺の観光スポットを観光ボランティアの説明を受けながら15km位走る。午後は河内長野市の金剛寺までアップダウンのある道を約50km走る予定だ。これからコースを検討し、6月1日から受付をする予定だ。この会合で堺市が震災地に送る100台の自転車に装着されるパンクしないタイヤ(正確にはソリッドのゴムをチューブの代わりに入れる)を見せてもらった。普通の空気の入るチューブは100g程だが、この代用チューブは660gあるので、前後輪に装着すると車重が約1kg増える。しかもリムはステンレス製を使用することが条件とのことだ。従ってパンクしないメリットがあるにしても乗り心地が悪くなり、走り出しも重くなる。価格も自転車1台あたり1万円程アップするようだ。
震災地には瓦礫や金属片などパンクを誘発する条件が揃っているので、パンクしないタイヤはその特性を生かせるが、このタイヤが一般の自転車に普及する可能性は価格の面からも低そうだ。(中村博司)
11.5-1-2.jpg
完成した堺市自転車地図
ポケットに入れ易いサイズに折り畳めて耐水性を高めた紙を使用している。


posted by bikemuse at 11:54| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。