2011年05月21日

★2011年5月第4週 

[ 5月22日 博物館に設置した募金箱を開いて送金しました。]
(1)博物館便り
先週開催された大仙公園でのイベント「自転車のまち堺」は期待以上の成果があったようだ。
主催者である堺市堺区の担当者は約8,000人が来場して下さったと判断していた。当館も無料入館を実施し、635人の入館者をお迎えした。昨年は1,589人だったので、昨年の40%に留まった。しかしツアー・オブ・ジャパンのメインイベントが中止になる中で、これだけの入館者があったのは評価して良いと思うのだ。
このイベント会場にはテント10張程度と多くはなかった。「堺・自転車のまちづくり市民の会」は出張自転車デーとしてマナーアップ活動を行い、私もお手伝いをした。
堺・自転車のまちづくり市民の会のテントの隣では、東北地方の物産(せんべい、ラーメン、レトルトカレー、ジュースなど)食品を中心に販売していたので私も支援のつもりで3,000円分程購入して、博物館スタッフのプレゼントにした。募金箱もあり少しではあるが協力した。
当館も3月より博物館と自転車ひろばに募金箱を設置していて、先日開封すると66,207円にもなっていたので、日本赤十字東日本大震災義援金の口座に送金させていただいた。協力して頂いた方々に改めてお礼を申し上げます。
<今週の展示車>
1970〜1980年代に流行したFF・PPSを装着したジュニア・スポーツ車です。自動車用を思わせる変速レバーで操作し、ペダルを止めていてもチェンが回り続けるので、変速可能な機能を持ち、子供達の憧れでした。
11.5-4-1.jpg
(2)通勤サイクリング
先日、6月19日に計画している「堺・自転車のまちづくり市民の会」のサイクリングの下見を行った。博物館に集合し、11人で旧市街めぐりを午前中に走った。仁徳陵、妙国寺、鉄砲屋敷、刃物会館、灯台などを回り、約15km走るのだが、途中に甘味所へ立寄り、味見の下見に時間がかかり3時間半程もかかってしまった。時間短縮とグループ分けで迅速に回れるよう配慮が必要です。
午後2時頃からは堺市南部の泉北ニュータウンの緑道を通って、天野街道経由で金剛寺まで走りました。26kmを約2時間でアップダウンの多い道を走りました。午後4時になり帰路を急ぐことにしてショートカットコースで約1時間で博物館へ戻りましたが、本来のコースとしては天野街道から西高野街道を走って博物館へ戻るコースを考えています。
近日中にこのコースを走ってみようと考えています。この日は94km走った。1月から4月までの走行距離は2,500kmだったので、半年で4,000km走るには5月と6月は750kmずつ楽しく走る予定です。(中村博司)
11.5-4.jpg設置場所が変わらない日本最古の洋式木製灯台です。




posted by bikemuse at 16:06| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。