2011年12月18日

★ 2011年12月第3週

博物館便り
(1) 堺自転車まちづくり・市民の会活動 
市民の会12月会合が12月15日、堺を愛する方々、20人と市役所から6人の計26人で行われ、新たなスタートが決まりました。市民組織として充実させ、アグレッシブな活動ができるように、代表、中村博司さん(自転車博物館)、副代表、三船さん中尾さんです。お二人のリーダーシップに期待すると共に、全力サポートを行いたいと思います。また、会則も決まりました。 このページを読まれている方で、会への参加に興味のある方ご連絡ください。また、会員募集は市報などに掲載もされています。
(2)ISO国際会議が開催されました。
博物館、多目的ホールにて12月12日より16日までの5日間、自転車に関する国際規格を決めるための会議が世界6カ国(ドイツ、アメリカ、インド、日本など)から、各国代表の26人の方が集まられ連日討論されました。 会議の合間に自転車博物を見学していただきましたが、施設の内容、展示自転車の内容に付いて、皆さんから感嘆の声が聞かれとっても嬉しかったです。
サイクリング 
(1) ナイトサイクリング:
11.12-1.jpg
泉北2号線沿いに、イルミネーション専門ショップがあります。今回はここへナイトサイクリング。近年、多くの家庭や、企業がクリスマスイルミネーションを行うので、夜走っていても寂しくないですね。結構、楽しみながら走れるのは嬉しいので、ちょっと遠回りのサイクリングをしています。
(2) 南海難波駅クリスマスイルミネーションです。
11.12-2.jpg
(3) 御堂筋クリスマスイルミネーションです。
11.12-3.jpg
11.12-4.jpg

posted by bikemuse at 16:53| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

★ 2011年12月第2週

サイクリング
1、 「寺ケ池公園イルミネーションを見に」ナイトラン
寒風の中、とっても綺麗に自然の中で光る美しい風景のイルミネーションでした。 河内長野市 南海高野線「千代田駅」から800m程の、南西の丘の上にある「寺ヶ池公園」で行われているイルミネーションは、6万個のLEDを50本以上はありそうな木々に取り付けデコレーションされたイルミネーションです。 これを見にナイトランをして来ました。今週は、雨天だったり、会議だったり運動不足でしたので、この解消を含め出掛けたのですが、寒風の心地良い澄んだ夜の空気の中を走るナイトランは、これまた楽しさがありました。また、走行中に点在する各家のクリスマスデコレーションも楽しめました。 冬装備のウェアは4枚(ポリエステルアンダーウェア、長袖フリース、防風仕様サイクリングウェア、レインウェア)現在のウインターウェアはとっても良くできていて、この装備でならマイナス4度位まではOK。寒くないです。レインウェアは不要だったようで、汗をかきました。幾つかの丘を越えたので、体はホットでしたが、イルミネーションを長時間楽しんでいると、丘を登って来た体はちょっと汗ばんでいて汗の分、体の冷えは早かったです。風邪を引かないように注意が必要ですね。 ナイトランには、充分な明るさを有したランプが必須です。 今回ナイトランで使用したランプの明るさを見ていただくために、画像を掲載しました。参考にしてください。
イルミネーション期間:12月1日〜12月25日(17:00〜21:00)
ご注意:12月21日はライトダウン実施のため、イルミネーション点灯はありません。
場所:大阪府河内長野市小山田町 (公園内には、無料駐車場があります。時間制限があるのでご注意ください。)
DSC1784.jpg
DSC1762.jpg
DSC1768.jpg
DSC1767.jpg
DSC1769.jpg
DSC1772.jpg
DSC1774.jpg
DSC1775.jpg
DSC1781.jpg
DSC1793.jpg
DSC1790.jpg
DSC1786.jpg
DSC1799.jpg

2、 「輪行袋プロジェクト」進化しそうです。
有志が、試験的に行って来た輪行袋プロジェクトですが、輪行も含めサイクリングをもっと広い範囲で、そしてサイクリング機会を増やして、サイクリングライフを楽しもうよ!と話は進んでいます。来年度は、本格活動の実施を目指しています。ご期待ください。
(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 11:13| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

★ 2011年12月第1週

博物館便り
1、 サイクリングイベントリーフレット
博物館では、情報発信のサービスとして、堺周辺の案内リーフレットの他、サイクリングイベントのリーフレットもあります。2012年3月18日大阪サイクルツアー(締め切り12月16日)、びわ湖サイクリングガイド「なぎさ散走」(琵琶湖をサイクリングしながら観光するガイド地図付)、びわ湖自転車の旅リーフレットが有ります。お持ち帰りください。
2、阪急百貨店自転車展示
 堺 北花田阪急の紳士服売り場にて、11月23日より29日まで一週間10台の自転車を展示来場者に楽しんでいただいた。開催テーマ「世界の街と自然の中を走る自転車」、世界十カ国(アメリカ、イギリス、ベルギー、オランダ、ベトナム、中国、スウェーデン、スイス、ドイツ、日本)で使われている自転車を展示した。紳士服売り場の担当者の話では、中年の夫婦中心に熱心に見ていかれ好評だったとのこと。今後も、こうした要請があれば、積極的に協力していきたいと思う。
11.jpg
13.jpg

サイクリング 
1、「河内ワイン2011年新酒」買いに羽曳野へ。
 泉北から石川サイクルラインを通って羽曳野市駒ヶ谷にある
DSC1694.jpg
DSC1693.jpg
(株)河内ワイン「河内ワイン館」さんを訪問した。
DSC1688.jpg
DSC1705.jpg
石川サイクルラインの晩秋は、草木も枯れて見通しも良く走り易い。石川から右に見える丘陵地帯の中を通る道路はグレープロード
DSC1686.jpg
と呼ぶほど丘陵地帯に葡萄畑が広がり、
DSC1708.jpg
DSC1682.jpg
DSC1683.jpg
自転車で走るとイタリアか、フランスに居るみたいな感じになり、心が躍る。道路も丘陵を縫うようにできているので、自転車の走行も変化が有って楽しく空気も爽快。ここが、葡萄の産地の駒ヶ谷だ。生駒山の谷間で風が抜ける斜面と肥沃な土が美味しい葡萄を作る。 明治中期に果実栽培に適した駒ヶ谷・河内飛鳥を含む羽曳野地方で葡萄栽培が始まり、昭和初期には河内一帯の葡萄生産高は全国一を占めていたほどで、今も葡萄の産地として有名だ。河内ワインさんの歴史は古く、昭和9年に遡る。さて、ワイナリーを運良く見学させて貰えた。
DSC1696.jpg
わざわざ取り寄せるフランスの樽
DSC1701.jpg
で熟成させるそうだ。ワイナリーの中にあるワイン館はとってもお洒落。
DSC1705.jpg
DSC1704.jpg
DSC1691.jpg
後は、2011年新酒ワインを購入し、駒ヶ谷の丘陵を楽しみながら走り家路に付いた。本日の走行距離50km。 さて、ヌーボワイン(白)ですが、
DSC1703.jpg
口に含むと「爽やかなすっぱ味」の香りが鼻から抜け、爽やかで甘みが残る。今までに経験の無い種類の味と、香りでした。ワイン甘辛度 辛口 1 2 3 C 5 6 甘口 丹念に選び抜いた駒ヶ谷デラウェアのフレッシュさを生かして15℃の低温で発酵。若々しい酸味がキリっとひきしまった印象を与えるフレッシュ&フルティーワイン。年に1度の限定品。
DSC1710.jpg

company_03.gif
ワインの原料であるぶどうの祖先は、有史以前にさかのぼります。
古代西アジアが発祥の地と思われているワインは、ヨーロッパ各国で
愛飲され、日本へと伝わり、醸造が活発になります。
明治時代中頃、現在の新潟県上越市で悪条件のなか偉大な業績を残した川上善兵衛氏は「日本のワインの父」としてよく知られています。
ワイン文化が大阪・駒ヶ谷に根付くのは、それから50年程経った昭和
9年(1934年)のことです。
金徳屋洋酒醸造元〈現(株)河内ワイン〉の創業者、金銅徳一が「大阪
ワイン(河内ワイン)の父」なのです。
company_05.jpg
(株式会社河内ワインHPより)

2、 たい焼き
 博物館来館者の方々(特に自転車で来館される方)に朗報!!
尼ちゃん情報で行ってきました。博物館から、1km!
DSC1665.jpg
DSC1663.jpg
とっても美味しい“たい焼き”本格羽つきたいやき「花あずき」さんがありました。
DSC1657.jpg
サイクリングって焼きたて「たい焼き」の美味さが鮮烈に味わえるのが何ともお得なスポーツ。これですわ!! ご主人が熱き情熱で説明してくれた。最初の一口で、「羽」のパリパリ感と、たっぷりの「あんこ」(80gも入っている)の二つを味わって欲しい!が最初の一言。自家製の銅釜(店の奥に鎮座!でかい)で毎日炊き上げるこの「あんこ」作りがポイント。アズキ本来の風味を味わってもらえるようにしているとのこと。次に、羽の部分。特徴ある名前の「羽つきたいやき」はここから来ている。
DSC1660.jpg
炭酸せんべいのような「パリ」とした食感がただのたい焼きでないことを感じさせてくれ、箸休めの役割をし、何口目でもアズキの風味を新鮮に口中に広げてくれる。この「羽部分」が均等に2mmの厚さ。この厚さが難しいんですわ。とのことだった。 お店に行った時、焼きたてください。と言ったら、うちは焼き立てしかないです。との反応。(できる)食べて解った!焼き立てに勝るものなし。 一匹百円はとっても価値あり。 カスタード仕立てのチョコ&クリームは、
DSC1658.jpg
DSC1659.jpg
ちょっと冷えてもこれまた美味しい。いけますわ!
DSC1662.jpg(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 12:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする