2012年11月29日

★2012年11月第3週

1.博物館便り
(1)「ライフ・クリエーション・スペースOVE」11月28日(水)開館しました。
自転車だけでなく、いろいろな価値を創っていく空間ができました。 OVEとは、「Opportunity(機会)、Value(価値)、Ease(気楽さ・容易さ)」の頭文字をとって名づけられました。 貴方に新しい生活スタイルの発見があるかもしれません。詳細は、HPをご覧ください。
www.ove-web.com
530-0005 大阪府大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー フェスティバルプラザ1F
Tel 06-6223-2626 Fax 06-6223-2627
(2)「こども自転車安全教室と大仙公園サイクリング」が初開催されました。
自転車博物館の“子供さん向け”の新しいイベントが始まりました。第1回目が11月25日(日)9時〜11時半開催されました。5歳〜10歳の“自転車に乗れる子供たちに必要な交通安全講習実技”を行い、交通安全に関するルールとマナーを学んでもらう定期イベントです。講習の最後には、参加者全員にて紅葉で綺麗な大仙公園一周のサイクリングを行い自転車の安全と楽しさを体験して貰うイベントです。お子さんの自転車使用レベル向上にお役だてください。参加料無料。次回開催は、1月27日(日)開催予定。参加申し込みは自転車博物館HPからしていただけます。
(3)第37回「堺市農業際」が開催されました。
生産者自ら稔りの秋を喜ぶとともに、農業祭を通じて堺市の農業を広く市民に紹介し、 農業への理解と認識をより一層高め、堺市の農業振興に資することを目的とした、イベント「堺市農業際」が11月23日(祝)9時〜15時まで“大仙公園催しひろば”(自転車ひろばの前ですね)にて開催されました。
DSC05482.JPG
それは多くの方々が新鮮な野菜、果物、イベントの催し物を求めて集まりました。
DSC05469.JPG
DSC05484.JPG
DSC05485.JPG
DSC05492.JPG
自転車で来られた主婦の方も沢山おられ、前後の籠にはお買い物荷物で一杯でした。
DSC05456.JPG
それは大きなイベントです。来られたことが無い方は、自転車博物館の見学をして、自転車ひろばで“クラッシック自転車の試乗体験”をし、その後に秋の一日の収穫祭に来てみませんか。
DSC05449.JPG
現地で美味しいものも食べられますよ。全国各県からの出店ブースもあり、長野県産りんごも人気です。
DSC05447.JPG
DSC05479.JPG
宮崎県ブースの香ばしい地鶏焼きは長蛇の列でした。
DSC05478.JPG

2.サイクリング
(1)11月2日(日)健康サイクリング 天野街道⇒金剛寺下見に行きました。
今年は秋になって気温が急激に下がったので、例年より紅葉が特に綺麗ですね。 赤色がくっきり出て、黄色も鮮やかに目に映ります。コースも帰り道をリニューアルし、紅葉の中を走る時間を長めに取れるようにし、途中でみかんを食べながら休息できるように考えました。 旧道にて紅葉を愛でながら楽しく走っていただけるコースになりました。 参加者の方はお楽しみに。

(2)『神戸マラソンに出場しました』
11月25日(日)秋晴れの一日“第2回神戸マラソン”42,195kmフルマラソンに参加しました。
DSC05509.JPG
沿道応援者数:55万7500人。参加者「18,659人」内フルマラソン16,818人、クオータマラソン(10km)1,841人。フルマラソン完走制限時間7時間にも関わらず、完走率は97,7%と非常に高いのには驚きます。ちなみに、私のタイムは4時間33分14秒平均速度9,3km弱でした。
DSC05594.JPG
マラソン大会だから絶対歩かないを目標に走り続けた訳ですが、神戸の港町の景観、明石大橋までの海岸線、眼下に港を見下ろす神戸大橋など港町神戸を爽やかに、足の筋肉痛に耐え走り抜けて来ました。
DSC05538.JPG
DSC05543.JPG
DSC05547.JPG
DSC05557.JPG
ゴールでは泣きが入りそうでした。
DSC05575.JPG
選手は沿道の応援等を通じた神戸の人との交流はとても温かみを感じたと思います。私は、応援の彼女たちと自分撮りをしたら“おじさんかわいい”と声援を貰っちゃいました。
DSC05554.JPG
神戸の方は優しかったです。 
神戸マラソンは他のマラソン大会にない、阪神・淡路大震災からの復旧・復興がテーマの一つになっています。下記にあります2011年井戸兵庫県知事のお言葉を通りの、清々しさの大会だったと思います。
『大会テーマは「感謝と友情」ということにさせていただいております。
市民マラソンはその都市の活力や魅力を味わっていただきながら発信をしていくということが基本になるわけですが、私どもの神戸マラソンはそれにもう1つ大きな意味を持っていると考えています。それは、阪神・淡路大震災からの復旧・復興を遂げた神戸の街を走っていただくという行為を通じて復旧・復興の実情を味わい、そして、経験し、そして、それを他の地域や日本全国や世界に発信していただこうということが参加者の立場であります。  
あわせて私たちは、この神戸マラソンを通じて、復旧・復興がこんな程度まできましたということを、他の地域や日本や世界の方々に感謝の気持ちをこめて発信することができるということです。
したがいまして「感謝と友情」ということをテーマとして定めました。ルミナリエを考えていただけたらお分かりのように、ルミナリエも鎮魂を光のペイジェントではありますが、鎮魂という要素があるが故に、12月の神戸の街の行事として定着し、皆様から歓迎を受け愛されていると信じています。それと同じように神戸マラソンも、単に神戸市の街中を走っていただくだけでなく、阪神・淡路の復旧・復興への感謝とその実情を発信し、そして、来るべき災害に対して備えることの重要性を訴えていく、そのような意味合いでこのようなコンセプトを作りました。
したがいまして、ボランティアマインドとホスピタリティマインドという意味で、その2つの要素を表わさせていただいたものです。そのような感謝と友情をベースにした特色のある市民マラソンにしていきたいと願っています。』 以上、2011年井戸兵庫県知事のお言葉でした。

(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 15:37| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

★2012年11月第2週

1.博物館便り
特別展『野村亜紀子の絵画展』開催
 野村亜紀子『愛する堺と自転車の情景』『ルーマニア紀行』と題し、堺に生まれ育った野村亜紀子画伯が描かれた“自転車が堺の街にある情景と堺の街”20作品及び“ルーマニア旅行で描かれた自転車に乗る少年及び風景” 2作品の計22作品の自転車博物館開催特別展にて展示開催が始まりました。期間は、2013年3月20日(火)までです。自転車を柔らかな線と色で描かれた作品は心がホッとしますね。この機会にご覧になりに来ませんか。
DSC05412.jpg
DSC05433.jpg

野村亜紀子略歴
堺市生まれ 日本美術家連盟会員、大阪府美術家協会委員長、具現美術協会委員長
具現展にて受賞:大阪府知事賞、大阪市長賞、大阪市教育委員会会長賞、大阪市美術館賞

2.サイクリング
(1)11月に入って風は冷たく感じますが、最近のサイクリングウェアはとても暖かいので、気温が下がっても楽しく明石を走って来ました。
DSC05377.jpg


明石大橋袂から明石「魚の棚」を経て「播磨サイクリングロード」で 江井ケ島港先のサイクリングロード沿いの「住吉神社」神社から見た秋の淡い水色の海の景色がとっても美しく絵を観ているようでした。 
DSC05388.jpg
DSC05405.jpg
DSC04629.jpg
DSC05384.jpg

昼食は行列ができる“きむらや”の“たまご焼き”と、おでん“たこの足”極太サイズでした。
たこがしっかり入った、
DSC05386.jpg

ふわっと焼いた“たまご焼き”は、出汁でいただくのとお塩でいただく方法がありました。(きむらやさん画像は、前回行ったときのもの)帰りの、「魚の棚」で夕飯のお魚類を仕入れて来ました。
DSC05398.jpg

“うちは、魚の卸やだから美味しいよ!”という、お姉さんの呼び声で即購入。こんなキーワードには弱いですね。かんぱちのお刺身は美味しかったです。 小さいたこが出回って、つぶ貝の佃煮は美味しいですね。勿論、くぎ煮、いいですね。たこ飯のたこは、一度天日干しにしたたこの足で作るんだそうです。 皆で行くサイクリングは盛り上がりますね。往復の40km。
DSC05399.jpg
DSC05396.jpg

(2)市内でも紅葉が綺麗になりましたね。 深まり行く秋の中で、いよいよ街中の木々も紅葉してきましたね。公園や、緑道をゆっくり走りながら(こんなシュチエーションでは、650x35B)ホイール付のランドナーがいいですね。勿論、フロントバッグを装着してね。 ロードレーサーだと、スピードが速過ぎて美しい景色を見逃してしまうところがありそうで、勿体ない気がします。自分の肉体の限界に挑むサイクリングもいいですが、ゆっくり走るサイクリングを楽しむ方も、多く見受けられますね。
PB190407.jpg
PB190412.jpg
 
(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 15:34| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

★2012年11月第1週

1.博物館便り
(1)『こども自転車安全教室と大仙公園サイクリング』
 こども達が、自転車を安全に乗りそして自然の緑の中をサイクリングする楽しさを体験してもらう体験型教室を自転車博物館“自転車ひろば”にて開催することになりました。自転車に乗れるこどもたちに必要な交通安全講習と実技を行い、交通安全に関するルールとマナーを学んで貰います。体験後には、大仙公園内のサイクリングを行い、自転車の安全利用と楽しさを体験学習してもらいます。 参加資格:5歳〜10歳 募集人数:20人 開催日:11月25日(日) 午前9時15分〜11時30分 場所:自転車ひろば 参加料:無料 (11月度は参加申し込み締め切りました)11月から隔月開催予定で、次回開催は1月の予定です。 詳細は、自転車博物館HPをご覧ください。

(2)『広島市交通科学館』にて秋季企画展“自転車のあゆみ-もっと速く!さらに楽しく”開催中
広島市交通科学館では、11月25日(日)までの間自転車の歴史や楽しみ方を実物とともに紹介しています。
DSC05350.jpg

この企画展の催しとして、「スポーツ自転車室内乗車会」「クラッシック自転車レプリカ試乗会」「ランニングバイクでバランス練習会」「クイズショー自転車の安全」「BMXショー」等、沢山の催事があります。
DSC05353.jpg
DSC05374.jpg

 展示車では、歴史を創って来たドライジーネ、ミッショー型、昭和の自転車の他、今中選手がツール・ド・フランスで使用した自転車、別府選手の2012年度使用自転車(スペアバイク)の他、
DSC05376.jpg

現在販売されているロードレーサー、MTB、小径車が展示されていて興味を引きます。詳細は「広島市交通科学館HP」でご確認ください。

2.サイクリング
『サイクルモードinternational2012』開催11月2日〜4日
 幕張メッセにて、2012年度のサイクルモードが開催されました。600ブランドが展示され、3万4千人ほどの自転車ファンが訪れました。 催事での特徴は、メーカーの人に直接説明を聞きながら新商品に触れる、体験できることですので、熱心なファンが各ブースを一杯にしていました。
DSC05214.jpg
DSC05216.jpg

 勿論、試乗車コースも2013年モデルを試乗する人たちでいっぱいでした。
DSC05201.jpg

 今年は、熱烈感動もののレーシングサイクルは相変わらず人気的でしたが、街や郊外を散策するのにお勧めの自転車や用品類のほか、可愛らしい散歩用自転車などの出展がされており自転車ファンの広がりを感じました。
DSC05192.jpg
DSC05193.jpg
DSC05220.jpg
DSC05227.jpg
DSC05190.jpg

「十人十色」提案では、フレーム・フォーク・ホイールカラーバリエーションが楽しめる自転車の提案がありますます自転車ライフが楽しくなっていきそうですね。
DSC05196.jpg
DSC05197.jpg
(長谷部雅幸)


posted by bikemuse at 16:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

★2012年10月第4週

1.博物館便り
1)『関西文化の日・11月17日(土)・18日(日)』“自転車博物館にて絵画特別展覧会”開催します。
関西文化の日とは、博物館・美術館など「関西一円の施設480施設」の入館料無料(原則常設展示)にし、関西の文化をもっと知っていただこうと云う第10回になる催しです。
自転車博物館もこの催しに参加しており、11月17日・18日の両日は入館料無料のほか、ビッグイベント『野村亜紀子』先生(大阪府美術協会委員長・具現美術協会委員長)の“絵画展”を開催いたします。  “堺のまちと自転車”を題材にした水彩画の他、油絵など先生の作品を20点余り展示いたします。この機会に、絵画鑑賞に来館されませんか。沢山の皆様のご来館お待ちしております。

2)『自転車のまち堺・自転車の楽しさ』堺市若松代中学校にて講演
 堺市の中学生に「自転車」の社会に於ける自転車、自転車の利便性の高さ、スポーツサイクルの楽しさを理解していただき、「自転車ライフで豊かで楽しい人生」にしていただきたく思い、私の経験を交え470名の生徒さんに講演させていただきました。生徒皆さんが熱心に聴いてくだりとても遣り甲斐を感じました。 
DSC05245.jpg
DSC05252.jpg

2.サイクリング
インストラクターと行く『堺老舗の和菓子』サイクリング
自転車博物館のサイクリングインストラクターが、「和スイーツ」をテーマに、サイクリングツアーを実施。 わび・さびの世界に通じる本場堺の和菓子が楽しめます。と題して、堺文化財特別公開の協賛の一環としてのサイクリングが開催されました。
DSC04944.jpg
10月27日(土)・28日(日)(残念ながら27日は雨で中止) 
秋の日の午前中、古い街並みと和菓子を楽しむサイクリングは、旧堺市市街に在ります400年を越す老舗など5つの『和菓子舗』をはしごする甘党サイクリングでした。全走行距離は13km程とそれほど長くなく、多くは和菓子舗でいただくお菓子の時間に当てています。13名の方々が参加くださいました。28日(日)には20名を越える多くの方が申し込んでくださったのに雨で中止となり残念でした。
DSC05134.jpg
DSC05148.jpg 
コース:自転車博物館→仁徳天皇陵→妙国寺(ここからお寺の沢山ある地域を走り)→八百源(ニッキ餅)→曽呂利(大判)→堺伝統産業会館→小島(芥子餅)→堺旧灯台で海を眺め一休み→かん袋(くるみ餅)→南曜堂(最中)→自転車博物館 
この企画には、沢山の女性が申し込んでくださったのに雨天中止でとっても残念と云う声が多く聞かれましたので、春になって暖かくなったら再度企画したいと思います。
DSC05169.jpg
DSC05164.jpg
DSC05152.jpg
(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 12:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする