2012年12月04日

★2012年11月第4週-12月第1週

1.博物館便り
(1)「自転車のまち堺〜自転車安全講習会〜」12月1日(土) 場所:堺市大浜公園
堺市堺区ふれあい実行委員会主催「子供の自転車利用を対象とした交通安全講習会」が開催され、当館からも、路上教習、クラッシック自転車体験試乗に参加協力させていただきました。
DSC05610.jpg
DSC05611.jpg
DSC05612.jpg

日本では、学校の校庭で自転車乗り方交通実習をやっています。ドイツの学校などでは普通にやっている、自転車路上実習ですが日本では余り見ませんでした。
DSC05675.jpg
DSC05681.jpg

今回、博物館の在る堺市堺区で実際に街中を使い「自転車路上交通実習」を行うことになり全面協力させていただきました。堺警察署が行う講習会で学んだことに基づいて、講習会の後直に実際の路上を走る体験を行い子供たちに交通ルールを身に付けてもらいました。 子供たちに長時間集中力を持続させることはとても難しく、まして講習会となると中々興味を持ってもらえないのですが、今回はウルトラマンの寸劇による交通安全講習を行った堺警察はさすがに素晴らしく、子供たちを長時間引き付けて交通ルール・マナー教育をされていました。
DSC05623.jpg
DSC05633.jpg

この他、「クラッシック自転車体験試乗」、
DSC05646.jpg

「ウイラースクールジャパンによる自転車初心者教室」、
DSC05642.jpg

「関西サイクルスポーツセンターの変り種自転車試乗」、「堺自転車のまちつくりの会による、自転車整備・自転車利用ルール・マナー啓発活動」
DSC05637.jpg
DSC05660.jpg

等、実に盛りだくさんの企画で大々的に行われました。来年も是非やってほしいイベントでした。

2.サイクリング
(1)12月2日(日)健康サイクリング 天野街道⇒金剛寺 28.7km
 健康サイクリングにお集まりの総勢24人の方々と、落ち葉をタイヤが踏みしめる“かさかさ”と云う音を聴きながら晩秋の郊外を走りました。
DSC05717.jpg
DSC05695.jpg
DSC05697.jpg

 タイヤが落ち葉を踏みしめる“かさかさ”と云う音がサイクリングでの郷愁を感じさせてくれ、夏の熱中したところからちょっと醒めて、外から自分を見ることができるような落ち着いた気分にさせてくれました。空気が乾いていて森の中を走る感覚もせわしなく走った夏ではなく、透き通った空気の中で足元を踏みしめてじっくり走り、路傍の赤く実った柿の木を眺め晩秋のサイクリングを楽しみました。
DSC05703.jpg
DSC05710.jpg
DSC05723.jpg
DSC05726.jpg

 ロードレーサーで寒風を突き破るように疾走するのもいいですが、ロードレーサーも太目のタイヤ(700CX28C位)に履き替え速度を若干下げて旅情を感じながら走るのもいい季節ですね。
DSC05728.jpg
DSC05734.JPG

 サイクリングルートは、雑木林、田畑、果樹園、農村集落を通る泉北の裏界隈です。 堺市墓地公園から妙見山感應寺⇒天野街道⇒下里町⇒金剛寺⇒下里町⇒畑⇒妙見山感應寺⇒堺市墓地公園 28,7km
(長谷部雅幸)



posted by bikemuse at 16:22| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。