2013年07月13日

★ 2013年7月第2週

1.博物館便り
『ツール・ド・フランス』
2013年今年のツール・ド・フランスも後半戦に入り、もう直ぐアルプスに入ります。益々盛り上がって来ていますね。 今年の出場国別出場チーム数を見ると、一番多いのは、「フランス 5チーム」「オランダ3チーム」「アメリカ2チーム」「スペインは意外と少なく2チーム」「イタリアも意外に2チームだけ」「ベルギー2チーム」「カザフスタン1チーム」「イギリス1チーム」「デンマーク1チーム」「ロシア1チーム」「ルクセンブルク1チーム」「初出場のオーストラリア1チーム」 の計22チームです。私が初めて見た35年ほど前は、殆どがヨーロッパのチーム(コロンビアのチームがあった位)で、近年のツール・ド・フランスに見る参加国の地域が拡大している様子は、世界的に自転車レースが普及拡大して来ていることを感じさせますね。
さて、今年のツールでは、ドイツ選手の活躍が目立ちます。前半12ステージ中4ステージをドイツ人選手がステージ優勝しました。 中でも、アルゴス・シマノチームのマルセル・キッテル選手は第1ステージでのマイヨ・ジョーヌ獲得と12ステージでの2勝を挙げ大活躍です。 自転車博物館ツール・ド・フランス企画展では、
8764.jpg
このマルセル・キッテル選手の今後益々の活躍の応援として、アルゴス・シマノチームジャージを会場に展示しました。
8762.jpg
 
2.サイクリング 
『ハワイでサイクリング』のお知らせです。
今年の海外旅行人気No1は『ハワイ』だそうです。
そこで今回は、エンジョイ『ハワイでサイクリング』のお知らせです。
常々ハワイでサイクリングできたらいいなあ!と思っている方も多いと思います。 
だけど、仲間が、一人じゃとか、自転車はどうしたらいいの?など、現地でのサポートとか考えると気が引けてしまいますね。  そこで、今回は『JTB西日本』さんから大勢の仲間と一緒でも、1人でも行けるサイクリングツアーの案内が来ましたので、皆さんにお知らせしたいと思います。 イベントなので、たくさんの参加者の方々と、華やかな会場で、盛り上がることが必須ですよね。
『ホノルルセンチュリーライド』とは------  開催日:2013年9月29日
ホノルルセンチュリーライドは毎年9月に行なわれるアマチュアサイクリスト対象のロングライドイベントで、約2,000名ものサイクリストが、オアフ島東海岸の美しい海を見ながら爽快なライドをお目当てに世界中から集まります。 その日のコンディションに合わせて、走行距離を選ぶことができるので、初心者から上級者までレベルを問わず、自分自身のペースで完走を目指せる敷居の低さも人気があるところ。 自転車もロードバイク、クロスバイク、MTB、タンデムなど種類を選びません。 今年は、この美しいハワイでサイクリングを楽しんでみませんか。 自転車はJALの無料運搬サービスで、関西空港でチェックインすれば、ホテルの部屋まで届けてくれます。   日程:9月27日(金)〜10月1日(火)5日間(機内1泊含め4泊5日)金曜日22時10分 関空発なので、仕事を終えてからの出発が可能ですね。費用:12万9800円+3万9000円(サーチャージ・空港使用税2013年6月12日現在)その他詳細は下記で確認ください。
★ ホノルルセンチュリーライド2013ツアー株式会社JTB西日本 HP   http://sports.jtb.co.jp/triwwwp/tours/view/342/west2013-2cycling 
★博物館にもパンフ置いて有りますのでお寄りください。
★ホノルルセンチュリーライド オフィシャルサイト
http://www.honolulucenturyride.jp/tour.htm

自転車博物館の“小松さんが参加した『ホノルルセンチュリーライド』体験記”

ちょうど10年前、2003年のホノルルセンチュリーライドに参加しました。
当時北国に住む者としては南の島をサイクリングするというのはとても魅力的でひとつ返事で参加するのを決めました。
honoruru.jpg
●坂あり平坦ありのバラエティーなコース
 出発してすぐにダイヤモンドヘッドの淵を周ります。そこから街中へ下り、坂を上り・・・といろんな道が出てきます。走っていても楽しいですし、街から街へ抜ける道も景色の移り変わりがとても楽しいコースです。
●ハワイの魅力は75マイル(120km)コース折り返し以降
 自転車歴がまだ2年でしたので50マイル(80km)コースの折り返しで帰る予定でしたが、周囲の「もう少し先へ行ってみましょうよ」と言う声にあれよあれよと75マイルの折り返し地点も越えて・・・
その先にはジャングルがありました! 木々や蔦のトンネルがずっと続き、今まで通った事がない本当に異国の道で感動しました。50マイルで折り返さず、最後まで走ってよかったと今でも思います。
●そして辛い帰路・・・
 今まで最大70kmまでしか走った事がなかったので未知の領域に突入です。
 平坦ではそれほど気にならなかったのですが、徐々にペダルを踏む力が無くなって行きました。往路で長く下る坂があったので大きな坂が来ると不安になりながら進んでいくとやはり全然上れなく、ツアーの皆から遅れることに・・・
●クローズギリギリでゴール
 とにかく坂という坂が上れなくなり、ヒーヒー言いながらもなんとかゴール!クローズ30分前でした・・・
実際100マイル(160km)は長い距離ですので完走するのは大変でした。
でも今でも思い返すのはやはり景色のよさです。100マイル折り返し前後の海とジャングルは本当に素敵な道でした! またいつか参加したいな!と思っています。とのことでした。 海外のサイクリング体験いいですね。  
今週は、千葉県松戸競輪場にて芸能人の方と競争して来ました。 この競輪場は、国体2位になって以来の久しぶりの訪問。 競輪場での走行は、スピード感があってとっても楽しかったです。(長谷部雅幸)




posted by bikemuse at 15:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。