2013年09月23日

★ 2013年9月第3週

1.博物館便り
(1)『交通安全運動』<秋の交通安全運動始まりました>
秋の交通安全運動が、平成25年9月21日(土)から30日(月)までの10日間で始まりました。
運動の重点項目にも自転車事故防止が上がっておりますので、事故防止のお役に立てばと思い『西区交通安全大会』にて自転車に関する講話をさせていただきました。
DSC09751.jpg

今年度の運動重点は「子どもと高齢者の交通事故防止」が運動の基本とされています。
全国運動重点項目としてこの他に4点が挙げられています。
1)夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止 (特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底
2)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底     
3)飲酒運転の根絶
4)交差点における交通事故防止
全国の1年間で起る自転車乗車時の交通事故は、毎年減少傾向にはあると云うものの平成24年度:13万2,048件と大変多く、全交通事故の19,9%も占めています。 今年秋の交通安全運動の重点項目として夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止 (特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)が挙げられていますように夜間事故の自己防衛のためにも、ヘッドライト(規格に合った400カンデラ以上の明るさのもの)及びテールライト(又は反射鏡)を必ず着けましょう。

(2)『こども自転車安全教室と大仙公園サイクリング』
秋の交通安全運動2日目、自転車ひろばでは堺警察署より交通警察官の方々に来ていただき、「こども自転車安全教室と大仙公園サイクリング」を開催しました。5歳〜小学校低学年で自転車に乗っている子供たちは80%にもなります。小学校等社会の中で自転車の交通安全授業が実施されるのは、概ね小学校3年〜4年生となっています。自転車博物館では、子供たちの自転車安全利用を支援するために、学校で交通安全授業を受ける以前の年齢5歳〜10歳の子供たちを対象に堺警察署の応援をいただき「こども自転車安全教室」を毎月1回開催しています。自転車を道で乗るときの基本(信号、一時停止、交差点、ハンドル操作など)
DSC09910.jpg

DSC09903.jpg

を自転車ひろばで学んでもらい、その後に実践で広い大仙公園の自然の中をサイクリングで楽しみながら、交差点での一時停止や左側走行、細い道の走り方などインストラクターの指導のもとに学んでもらいます。
DSC09925.jpg

DSC09937.jpg

 子供たちは、自転車に乗り広がった世界で、自然の中を走り、風を切りとっても嬉しそうな顔をして走っています。 参加申し込みは、自転車博物館HPから行なっていただけます。

2、サイクリング
『秋の岸和田へラン』
9月も中旬を過ぎましたが、日中は30度を越える未だ暑い日がありますが空気が乾燥しているので、自転車に乗っている時は涼しくてご機嫌です。 今回は、美しく見える和泉山脈を眺めながら、738年に造られた久米田池を通り
DSC09761.jpg

「約300年続く岸和田だんじり祭り」が先週終わった“岸和田市”を走ってみました。 岸和田市街は古い街並みが残っていて、車が通れないほどの裏路地も多く自転車ならではの見所も多く見ることができる街でした。 岸和田市は、人口約20万人の市で、現在では「だんじり祭り」が街を上げてのイベントとして有名になっているまちです。街のあちこちで、だんじり祭りの用品を扱う店(だんじり用団扇、
DSC09766.jpg

DSC09775.jpg

DSC09786.jpg

法被、町名旗などかなり特殊な用品のお店がある)が見られるマサに“だんじりのまち”です。 NHK連続ドラマ「カーネーション」もこの街が舞台でした。今も記念館や商店街が伝えています。
DSC09872.jpg

DSC09873.jpg

 サイクリストも多く来る岸和田城内はきれいに整備され、
DSC09795.jpg

DSC09817.jpg

岸和田城ウエディングをはじめ、多聞櫓・隅櫓をギャラリーや各種イベントに使用することで、観光振興の拠点として活用されています。
城正面の観光交流センターは入場無料で、城を正面から眺められゆっくりできます。  岸和田城は、諸説はありますが1334年に楠正成の一族の和田氏が「岸」と呼ばれていたこの地に城を築き、「岸の和田氏」と呼ばれ、「岸和田」の地名の起こりとなったと言われています。岸和田城は、16世紀半ば以降から文献に出てきますが、1827年に天守閣は落雷で焼失、その後も明治維新に櫓・門など城郭施設も破壊され現在の城は1954年(昭和24年)に建設されたものです。 城の堀横には五風荘と云う旧岸和田城主岡部氏の御茶屋敷跡を、明治維新後に寺田利吉氏が10年の歳月を掛けて南木荘として造られた、とっても立派な日本家屋と庭園があります。
DSC09804.jpg

現在は「がんこ寿司」のレストランとして営業されています。
DSC09799.jpg

五風荘は敷地2400坪を越す敷地には、母屋の他、山亭、八窓亭、残月亭の三茶屋が設えられ、優美な庭園が見事な景観を映します。とありました。 この、五風荘一度見たく思い、近々ランチの寿司定食“819円”
DSC09802.jpg

をいただきながらお庭を拝見したいと思います。 岸和田城下町経済の中心として栄えた本町の紀州街道両側には300年以上前の商家が並び、往時の繁栄を伺わせます。
DSC09823.jpg

DSC09832.jpg

 紀州街道は、大阪高麗橋(朝鮮半島との交流の・通商の場の由来が多い。現在の橋は昭和4年に造られた石柱の擬宝珠が美しい)を起点に、住吉、堺、岸和田城下を通り和歌山城下に至る街道で、この街道を紀州徳川家が参勤交代に使用したことで、岸和田には多くの商家、町家が建ち並びました。 街中には、旧寺田銀行の立派な『きしわだ自然資料館』がありこの地の生い立ちや、身近な自然を紹介しています。
DSC09836.jpg

 岸和田で発見された「岸和田ワニ」を始めとする化石の展示や1万6千年前まで生息していた(日本にも生息)「ナウマンゾウ」の骨格標本は驚きます。
DSC09838.jpg

DSC09853.jpg

 そして、圧巻なのは3階の蕎原コレクションの動物・鳥の剥製の数々も圧巻です。中々身近で見られない大型動物達の剥製が展示されています。
DSC09856.jpg

DSC09857.jpg


今日のランチは、朝5時開店、13時閉店の地元定食屋さんで
DSC09777.jpg

DSC09782.jpg

地のものを食べたくて、地魚(うおぜ)の煮付け、ふぐ天、あなご天、水茄子の漬物、計880円でいただきました。
DSC09780.jpg

 本日の走行40km 天ぷらの食べすぎで、走行距離40kmではカロリーは消費仕切れなかったので、夕食を控えめにできればいいのですが。(長谷部雅幸)


posted by bikemuse at 11:33| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

★ 2013年9月第2週

1.博物館便り
2013『堺市自転車のまちつくり・市民の会』<自転車安全利用キャンペーン(街頭啓発)>

『堺市自転車のまちつくり・市民の会』<自転車安全利用キャンペーン(街頭啓発)>
自転車は軽車両で、基本的に車道を走行することが徹底されて来ています。 車道でも自転車レーンを設け自転車に乗る人、車を運転する人に分かり易いように自転車通行帯を道路に色分けした区分帯を施工する例が増えて来ています。 泉北高速鉄道深井駅前から東百舌鳥高校までの間1,6km間の自転車レーンの供用開始に伴い、
9737.jpg

自転車レーンの利用促進と適正な通行ルールの周知を目的とした自転車安全利用キャンペーン(街頭啓発)を9月18日と19日の2日間に行いました。
9713.jpg

(参加者:西堺警察署、堺市、自治会、東百舌鳥高校及び東深井小学校、堺市自転車のまちつくり市民の会)
尚、深井73号線の自転車レーンは、自動車と同じ方向を走る一方通行で、
9718.jpg

交差点内も自転車レーンが設けられているのが特徴です。交差点での信号機は『歩車分離式』になっており、自転車は車輌用の信号機に従うようになります。

2、サイクリング
『秋の日ぶらり漁港へラン』

 自転車が良く売れる気温と云うのが統計的にあるようで、気温20度+−5度と言われています。 このくらいの気温が、自転車に乗っていて一番快適と云うことでしょうね。 9月に入って、陽はまだ強いですが、風は乾いて涼しく自然の中は未だ緑色で活力を感じますが、秋の日になって来ました。 乾いた空気のこんなときは、自転車にまたがってぶらりと出掛けるととっても爽快。
9606.jpg

今回は、堺市から南へ25キロほど行った(スポーツ自転車では25kmはそんなに遠くないですよね)関西空港近くの泉佐野港へ出掛けました。
9675.jpg

登り坂も少なく、農道など幹線道路を避けてゆっくり進むと、田んぼでは稲穂が頭を垂れはじめ、稲刈りも間近。
9625.jpg

みかんも緑色の実を大きくしてもう直ぐ来る実りの秋を感じます。 
9613.jpg

途中通過した岸和田市の大阪府立「蜻蛉池公園」
9618.jpg

は、広くヨーロッパの公園の感じがします。駐車場も完備したいい公園ですね。泉佐野市に入ると、旧道の美しい日本家屋を見ながら路地を抜け、
9627.jpg
9628.jpg

泉佐野駅から春日通りの商店街の“かまぼこ”を店頭で揚げている「石原商店」到着。
9639.jpg

たくさんの種類の具を揚げていますが、
9636.jpg

この時はちょうど「いとよりと生姜」のかまぼこを揚げ中。
9641.jpg

1個75円。揚げたてアツアツは美味しかったです。1km程も行くと、本日のお目当て泉佐野港の「青空市場」
9643.jpg

私が大阪に来た40年前は露天で魚を販売、今は家屋の中でお店が27店舗と2階のレストラン2軒があります。
9646.jpg

ここでの魚の売り方は、箱単位や一尾。
9646.jpg

だから安い。このエビ(500円)
9648.jpg

を浜で塩茹でしたらさぞかし美味しいだろうと思いました。 色々な種類の泉州で取れた地の干物も美味しそう。
9654.jpg

お店の人の話では、地アジ(真アジ・これも一串単位)の干物を素揚げにして頭から全部食べるのが美味しいとのこと。
9653.jpg

ランチは、2階レストラン「イルカ」の一番人気!
9661.jpg

2階テラスから見える海
9660.jpg

で採れた“穴子”。器から大きくはみ出す携帯電話の三倍はある一本揚げの“活穴子丼”(¥850)
9679.jpg

フワッ、サクッとした食感と食べ応えのある大きさに満足でした。 このレストランで他に美味しい地ものは、タコ天(泉州はタコもたくさん捕れ、南海本線に蛸地蔵駅と云う名前の駅があるくらい)、がっちょの天ぷらだそうです。 勿論!市場の中にはお鮨屋さんもあります。
9650.jpg

次回は、名物のちらし丼を楽しみに大阪湾沿いの海側の道から行ってみることににしましょう。
9651.jpg

 9月中旬、夏の名残がある白砂海岸から神戸、淡路島を眺めてのんびりし、自転車で走って体中に酸素が廻り脳とカラダの感度UP!できました。 (長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 10:41| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

★2013年9月第1週

1.博物館便り
2013年度『夏休みこども絵画コンクール』作品展示
今年の絵画コンクールは、実に3万7千566作品もの応募をいただきました。 応募くださった方々ありがとうございました。 何れもがこども達の純真な眼を通し、心に映った博物館の自転車、人と生活の中の自転車、夢の自転車等のテーマに沿って描かれた作品です。 特に秀作な、特選6作品「堺市長賞、堺市教育長賞、堺市小学校長会会長賞、朝日新聞社賞、関西サイクルスポーツセンター賞、サイクルセンター賞」及び、サクラクレパス賞21作品、ミキハウス賞100作品、努力賞420作品が表彰されます。 表書式は10月5日(土)14時〜15時、作品展示は10月4日(金)〜12月23日(祝)まで、自転車博物館内にて展示します。 こども達が描いた秀作をご覧に自転車で来られませんか。
秋のシーズンは大仙公園周辺の施設の日本庭園、ゆるきゃら“ポピアン”のいる緑化センター、堺市博物館、そして大仙公園など見所がたくさんです。

2、サイクリング
『堺から飛鳥へ』

日本の国の基を造った飛鳥や、遣隋使や遣唐使が通った外交の道として・聖徳太子信仰の路として・新しい日本を創る為に吉田松陰が通った道として1400年前にできた最古の官道(日本最初の国道とも言われます)を、堺市から奈良県明日香村までの竹内街道・横大道35kmを稲穂が実り始めお米のいい香りがする初秋の古道を走りました。
堺から始まり日本家屋が並び、静かな落ち着きの中にも暖かさを感じる木造家屋の美しい住宅街を通り、
DSC09503.jpg
DSC09504.jpg
DSC09506.jpg
DSC09505.jpg
古市辺りから石川を渡り羽曳野市のぶどう園が広がる駒ヶ谷から
DSC09507.jpg
昔ながらの日本家屋の街並を通過すると、太子町に入ります。
DSC09509.jpg
DSC09512.jpg
太子町内には数多くの天皇・皇族クラスの古墳があり、『近つ飛鳥』、『王陵の谷』とも呼ばれています。万葉集にも詠まれた二上山の西麓に位置し、飛鳥時代には蘇我氏の本拠地となり 沿道には蘇我氏の庇護を受けた多くの渡来人が住みつき大陸文化の伝来地として栄えました。この時期、太子町には聖徳太子御廟などの梅鉢御陵を中心に多くの古墳が造られるなど、歴史遺産が数多く残っているところです。 竹内峠に差し掛かります。峠の途中には、道の駅「近つ飛鳥の里・太子」があり多くのサイクリストの休息の場になっています。(堺市大泉緑地から15.8km1時間15分途中休息時間含)
DSC09520.jpg
ここでは、この地域特産品の“大きな粒のぶどう”が求めやすい価格(大粒のピオーネが250円〜350円!で売られていたので)
DSC09528.jpg
皆で分け分けし美味しくいただき休息です。
DSC09529.jpg
竹内峠を越えると、奈良側はうっそうとした木々の中を通り、
DSC09537.jpg
竹内地区から稲穂に米が実り始め頭を下げ始めた田んぼを通り、
DSC09538.jpg
奈良の白砂の川を綺麗な水が流れる街道沿いを通過すると今井町。
DSC09545.jpg
DSC09560.jpg
称念寺を中心とした寺内町。今井は城塞都市で、江戸時代初期には東西600m、南北310m、周囲には環濠土居を築いた戸数1100 軒、人口約4,000数百人の栄えたまちで、9つの門からは木橋を通って濠を渡り、外部の道路と連結し、町内部の道路は見通しのきかなくしてあり、ほとんどの道が一度屈折させてある。これは、敵の侵入に備えて、その遠見、見通し、弓矢・鉄砲の射通しを不可能にています。 現在も、今井町の大半の民家が江戸時代以来の伝統様式を保っており、しかも慶安3年(1650)の今西家をはじめ、すぐれた民家が数多く建ち並び、今なお、町全体が戦国時代にできた寺内町の歴史を保っています。 (堺市大泉緑地から、33km 所用時間2時間45分。途中休息時間含)
DSC09553.jpg
DSC09554.jpg
DSC09555.jpg
ここから、橿原神宮まではサイクリングロードが区分けされていて走り易くなっています。
DSC09557.jpg
畝傍山の南東麓、約50万平方メートルもの広大な神域に建てられた橿原神宮は、初代天皇であると伝えられる神武(じんむ)天皇が、橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき、明治23年(1890)に建てられました。本殿と文華殿は重要文化財に指定されています。玉砂利の参道と背景となる深い森の緑に調和して、爽やかさと、厳かな雰囲気を生み出しています。 
DSC09559.jpg
そして、本日のゴール「飛鳥駅」です。(堺市大泉緑地から35.5km 所要時間3時間25分・途中休憩45分含)
DSC09560.jpg
DSC09563.jpg
さて、ランチは奈良県桜井市三輪にて、“過ぎ行く夏を惜しんで「三輪そうめん」”です。大神神社 (オオミワジンジャ) 大鳥居近くの「千寿亭」さんです。 世界の料理の中でも、日本料理だけが持つデザインされた“美しさ・気品”を持っている料理ですが、千寿亭のそうめん料理も“美しさ・気品”持っていて私は大好きです。 
DSC09566.jpg
惜しみ行く夏と題しましたが、千寿亭の献立には、お茄子の入った、「かわりそうめん」
DSC09565.jpg
・「かまあげそうめん」のような温そうめんもあり、
DSC09568.jpg
DSC09569.jpg
一年中美味しい素麺が楽しめます。 秋は、淡い陽射しの古道を走り、古い建造物をじっくりみたり、秋の味覚に喜んだりとサイクリングには楽しさいっぱいの季節ですね。  (長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 16:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

★ 2013年8月第5週

1.博物館便り
1)自転車博物館では『シマノロードレース30年の軌跡展』を開催します。
9月10日(火)〜10月6日(日)まで

自転車ロードレースを楽しむ人々がたくさん増えるようにと、楽しめるレースをつくろう、30年前に参加者870人余りで兵庫県グリーンピア三木から始まりました。 そんな社員手作りの自転車ロードレースも30年後の今年には、1万4千人の参加者がある日本で最大の自転車レースイベントになりました。 この30年を記念して、グリーンピア三木から鈴鹿までの30年間の感動のシーンをカラーパネルにて展示・解説した『シマノロードレース30年の軌跡展』が8月24日・25日の「シマノスズカロードレース」会場で開催されました。
DSC09417.jpg

 2日間と云う短い開催期間でしたので、見過ごされた方、スズカまで行けなかった方の為、そして自転車博物館に来てくださる方に自転車ロードレースの素晴らしさ・ドラマ・感動に共感していただけたらと思い『シマノロードレース30年の軌跡展』を9月10日(火)〜10月6日(日)まで開催させていただくことにしました。
サイクルスポーツ愛好者の方々の感動の瞬間、懐かしいスーパースター(ブーニョ・イノー・ルブラン・ハンプステン)の写真も見所です。 この機会に、サイクリングの途中自転車博物館にお寄りになりませんか。

2)『自転車交通安全啓発運動』 
『堺自転車のまちつくり市民の会』では、市民のボランティアの協力を得て、堺市民の方々に、より安全な自転車乗り方啓発活動を行なっております。 8月31日(土)に堺市鳳の「アリオ鳳」にて、啓発活動を行ない自転車安全乗り方パネル解説、自転車安全乗り方クイズなど、多くの小学生・親御さんが参加してくださり大変盛り上がりました。
DSC09484.jpg 

2、サイクリング
『シマノ鈴鹿ロードレース』

毎年8月の最終(土)・(日)に開催される『シマノ鈴鹿ロードレース』に30周年記念ブース『シマノロードレース30年の軌跡展』の解説として参加して来ました。 この特別ブースには多くの方々が見学に来てくださいました。
DSC09414.jpg

 30年前のグリーンピア三木に出場された方、もう20年も毎年出場されている方、シマノレーシング40年間に使用した自転車・ユニホームなどの展示を通じ、
DSC09417.jpg

シマノレーシングチームファンの方々など多くの方々と記念イベントブースで盛り上がりました。 来場くださった方々ありがとうございました。 サーキットでは、遠く眼下に見下ろすスズカ湾の青い海とその上の白い雲に向かって爽快に下るS字カーブ、そして高速で第2コーナーに入り第1コーナーを抜けると全長800m勾配2.8%の登りストレートが待ち受けます。チームロードでは、ここがチームリーダーの采配の見せ所。どのチームもが先頭をリーダー引く。声を掛け合い、励まし合い、観衆の激励に応え色々なパホーマンスをしなければならない。それぞれの人の心を一つにして一つの目標に向かって走る姿はやっぱり美しい。 スズカサーキットのコースを走る姿に魅力を感じてしまいました。 スズカのチームロードはひと夏のドラマを生み、永久の絆を作ることでしょう。
DSC09433.jpg

 ちなみに、今年のチームロード参加チーム数は1300チーム余りにも及んだそうです。
DSC09437.jpg

 私も、来年は4人のチームロードをどなたかと作って走りたくなりました。
DSC09435.jpg
 
サーキット会場内のブースも魅力たっぷりで、多くの参加者の方々が楽しまれていました。 レースを終えて、ご当地グルメでお腹を満たした後は
DSC09426.jpg

各メーカーのブースで専門スタッフから自転車の解説、新製品の説明が受けられる他、新製品の試乗も盛んです。
DSC09423.jpg

DSC09456.jpg

 内装変速機11段変速付きロードバイクなど、日本では中々見られない珍しい自転車へのローラー台試乗も可能でした。
DSC09454.jpg

 何十種類もあるサイクリングシューズからのシューズフィッティングも専門スタッフが親切に対応してくれますから、自転車ファンには嬉しい限りでした。
DSC09445.jpg

 日本一のサイクルレース魅力もたっぷりな「シマノ鈴鹿ロードレース」来年も行ってみたいですね。 行くなら勿論、大阪から自転車で行くのが一番楽しいコースですね。 大和街道は、江戸時代には加太越奈良道と呼ばれ、関の西の追分で東海道から分岐し、加太峠を越え、三重県をぬけて奈良へと続く街道です。この道の歴史は古く、大海人皇子が壬申の乱の折に、あるいは、源義経が木曽義仲を討つ折に通った加太峠越道が、この街道の原型と言われています。大阪から鈴鹿へ行くには、このルートの逆を行き、伊賀上野から加太峠を越え、加太川沿いに下り、東海道47番目の宿場町「関宿」に出ます。江戸時代には参勤交代や伊勢参りの人々などで賑わった宿場ですね。この関宿は東海道五十三次の47番目の宿場町として栄え、江戸時代後期から明治時代にかけて建てられた町屋が200棟以上も現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区(昭和59年選定)や日本の道百選(昭和61年選定)に選定されています。中々見応えのある街並です。 ここからは、亀山を抜け、白砂に透き通った水が流れる鈴鹿川を渡り鈴鹿サーキットです。 (長谷部雅幸)


posted by bikemuse at 17:23| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする