2013年12月08日

★ 2013年11月第4週

1.博物館便り
『研究委託発表会』が11月20日(木)開催されました。
「博物館」の定義は、『歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管(育成を含む)し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行いあわせてこれらの資料に関する調査研究をすることを目的とする機関』。としています。 調査研究の中で、外部の方に委託して研究していただいているのが「研究委託」となります。 自転車博物館の今年度の研究委託は、ドイツ ビーレフェルト大学歴史学部客員研究員 経済学部博士 西 圭介氏です。 11月20日(木)に西氏の研究発表公演会が自転車博物館多目的ホールにて開催されました。自転車業界の方々、自転車歴史研究者、自転車歴史ファンなど多くの方々に聴講いただきました。
DSC01133.jpg

DSC01135.jpg
 
研究課題名『日本とドイツにおける自転車工業の産業組織に関する比較 1890年〜1930年』
講演要約:
19世紀後半は蒸気船の実用化、電信網の整備、鉄道網の充実などによって人とモノの流れが加速する時代にあたり、「第一次グローバリゼーション」の時代とも呼ばれます。自転車は19世紀末に開発され、すでに世紀転換期には工業化を果たしていた欧米を先頭に世界に普及し始めます。本報告は、グローバルな自転車部品の流れから、工業化を高度化させていたドイツとアジアで先頭を切って工業化を開始した日本の発展要因を探ることを主目的としています。
備考:
日露戦争後の1906年から1914年のこの間は、特に日本の産業が急発展し経営の近代化が確立された時期でした。その後、1914年第一次大戦の勃発により海外からの物資、自転車の輸入が激減したこの時期から、それまで輸入に頼っていた自転車・部品が、一気に国産化を進め日本の自転車産業が自立体制を確立させ、現代の日本の自転車産業の基盤が形成れました。 今回、このような日本の自転車産業確立の期間である、1890年から1930年の間の日本・ドイツの自転車産業発展要因に付いての研究は、現在の日本の自転車産業・技術がどのような歴史を踏まえ現代に至ったのかは特に興味深いものです。


2.サイクリング
『 堺自転車のまちづくり・市民の会共催 市民サイクリング』
開催しました。2013年11月24日(日) 秋の陽射しが心地好い日曜日、堺・旧市街と郊外の紅葉を楽しみながらサイクリングする催しです。 毎年秋に自転車博物館では、多くの市民の方々に“サイクリングに親しんで”いただくために、「堺自転車のまちづくり・市民の会」と共催で市民サイクリングを開催しています。 午前の部と午後の部の2回が行われ午前は平地のルート15km程を走る堺旧市街と港湾エリア巡るゆったりルートです。 今回は、堺文化財特別公開の日に当ったため、各文化財の多くが無料入館や、文化財施設では歴史解説をしてくれる方が居てより深く文化財を楽しむことができました。 また、年に1回とか極めて稀にしか公開しない「鉄砲鍛冶屋敷」も解説していただきながら観ることができました。
午前の部 旧市街の文化財を自転車で巡ります
博物館をスタートし、世界三大墳墓(仁徳天皇陵・秦の始皇帝陵・フク王のピラミッド)5世紀に築造されたと考えられている「仁徳天皇陵」(長さ486m・幅305m)前から、半周し反正天皇陵(墳丘長148メートルの前方後円墳)を廻り、紀元前90年頃が起源と伝えられる古社「方違神社」(ほうちがいじんじゃ)「河内・和泉・摂津」の三国の堺にあるため、方位の無い“清なる地”とされていて、新築・転居の厄除けとして全国から人が訪れる神社です。ここから西へ向かって、阪神高速道路高架下を渡れば旧市街に入ります。丁度、阪神高速道路堺線の真下が、環濠の堀があったところです。堺市の環濠都市遺跡は、南北約3km、東西約1kmとかなり大きな街遺跡で、東が丁度阪神高速堺線の下になります。 西側が内川(今も堀に水があり環濠観光船が就航しています)南が土居川になり、この川(堀)の内側が環濠都市と言われた堺旧市街ですが、この環濠都市は「大阪夏の陣」の火災によって消失してしまいました。その後、旧市街は江戸幕府によって市街地を広げて街割り(江戸期の元和(1615〜1624に町割りされた)が行われ後堀を作り直した碁盤の目のような直線道路で構成された市街地となりました。 堺が自治都市として「黄金の日々」として繁栄した街は、江戸幕府によって町割りされた大きさより、もう一回り小さいものでした。旧堺市街に入り、「妙国寺」国の天然記念物に指定された「蘇鉄の庭」がある境内は必見です。1868年(慶応4年)来航したフランス人を土佐藩士が殺害してしまった“堺事件”で責任を取らされた藩士が切腹した寺でもあります。相互の国の言葉ができなかった為に、コミニケーションができず事件になってしまった悲しいできごとでした。 ここから北へ向かうと寺社が多く残る地区に入ります。「本願寺堺別院」(堺最大の木造建築)明治4年(自転車が日本へ多く輸入され始めた頃)から10年間 堺県庁として使用されていました。ここには、多くの経本が蔵書されていますが、通常の公開は無く堺文化財特別公開の日に公開されます。ここでも、観光ボランティアの方の解説が付き、文化財見学を耳と目で楽しむことができました。
DSC01136.jpg

柳之町東を北へ抜けると、「山口家住宅」(約400年前に建造された江戸時代初期の町家で庄屋を務めていたようです。) 昭和まで住人が住んでいたので昭和初期の暮らし、江戸時代の堺の町家暮らしが家屋・展示物から感じ取ることが出来ました。さらに北へ進むと「北の堺七まち」です。戦災を免れ、清学院など江戸時代から戦前にかけての建物や、地域に根付いた伝統産業が今も残っています。【内田家住宅(旧商家)】明治前期の造り醤油の商家。2階には切り絵美術館。【堺鉄砲館(鉄砲展示)】中世の堺を世に轟かせた堺火縄銃の数々を展示。【ろおじ(ギャラリー&茶店)】 大正期の長屋を改装。2階ギャラリーに河口慧海コーナー展示。
【七まちびいどろ(ガラス工房)】町家空間を活かしたとんぼ玉の制作&体験工房。
【藤井刃物製作所(刃物工房)】古い町家で営まれる刃物作りを公開。
【薫主堂(線香工房)】江戸末期の建物で、天然香料を使った手作り線香店。
【水野鍛錬所(刃物工房)】 鍛錬工房公開、魔除け体験(法隆寺五重塔の魔よけは水野鍛錬所で作られました。)古式鍛錬を公開。鍛錬実演、鍛錬工房を見学できます。
今回は、「堺文化財特別公開」の日に当たったため、本願寺、山口家住宅、めったに開放しない日本に唯一現存する鉄砲工房「鉄砲鍛冶屋敷」の屋敷内を解説していただきながら見学できとってもラッキーでした。
DSC01139.jpg

DSC01140.jpg

DSC01142.jpg

ここから南下し、内川沿いの水辺を走り堺駅前から竪川から港へ出ますと、ヨットやプレジャーボートが係留されたオシャレな港湾沿いを走ることになります。
DSC01089.jpg

明治10年(1877年)に築造された“現地に現存する日本最古の木造洋式燈台「旧堺燈台」”(昭和47年(1972年)に国の史跡に指定)で海を眺めながら一休み。
DSC01146.jpg

最近描かれた「壁画」も楽しめます。
DSC01083.jpg

 ここから、大浜公園を通りますが、日本一低い山「蘇鉄山」標高6.96メートル(一等三角点の設置がされている)がこの公園に在ります。 大きな公園を通り、南宗寺(なんしゅうじ)国の重要文化財仏殿、茶室「実相庵」(千利休が好んだ)、徳川家康の墓(伝説となっています)の前をのんびり東へ走り、京町通りから、「自転車博物館」へ戻ってきました。全走行距離14kmでこんな素晴らしい名所を巡ることができる「堺旧市街サイクリング」皆さんも体験されては如何でしょうか。自転車博物館には、レンタサイクル(クロスバイクあり)1日300円も有ります。 今回は、参加者+インストラクター計25人(男性22人・女性3人)で巡りました。大勢で巡るもの楽しいですね。(「堺文化財特別公開」日には、普段公開していない施設・建物が公開されるので歴史に興味ある方は必見の日です。)
午後の部 泉北ニュータウンから金剛寺往復の34kmを走る健脚コースです。 
秋の陽がそそぐ郊外を爽快にサイクリングです。 観梅で有名な荒山公園に集合し車が通らない泉北緑道から、
DSC01153.jpg

泉北の堺市と大阪狭山市の堺の丘の稜線を走る「あまの街道」は、雑木林で広葉樹も多く、葉の色が変わり始め木々の間からそそぐ秋の陽射と林の中の道は身体を動かしているサイクリングにはとても快適です。稜線の道は眺望も良く堺の街、狭山、富田林などが見える快適な道です。 あまの街道を走り河内長野市下里町からを過ぎ“もみじ”の色鮮やかな紅葉真最中の金剛寺から、
DSC01159.jpg

周辺の紅葉のもみじの下を通り、
DSC01162.jpg

DSC01163.jpg

DSC01168.jpg

DSC01172.jpg

DSC01173.jpg

晩秋の田園中の野菜直売所で産直品の柿を買い、また森の中をサイクリングし荒山公園へ戻りました。参加者男性19人(男性18人・女性1人)+インストラクターの皆さんと郊外の晩秋の森を通るサイクリングを楽しみました。
DSC01178.jpg

DSC01179.jpg

DSC01180.jpg

 34km走って信号が一箇所と云うのも魅力です。(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 16:59| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

★ 2013年11月第3週

1.博物館便り
『自転車乗り方教室(初心者スクール)』が11月4日(月)NHKで紹介されました。
公益財団法人シマノ・サイクル開発センター(自転車博物館 サイクルセンター)が毎週開催しています「自転車に乗れるようになろう」の『自転車乗り方教室(初心者スクール)』が、NHKテレビにて紹介されました。
002.jpg
003.jpg

 全国放送の祝日ゴールデンタイムでしたので、それは多くの方がご覧になられたようで、翌日から沢山の問い合わせ、また激励のお声をいただきました。
1994年から始まったこの教室は、地域の方々自転車の便利さ、乗る楽しさを知っていただこうと始まりましたが、実直に開催してきた今年11月末までの20年間に、実に延べ2万5千216人もの方々が受講されました。多くの方々に支持・支援いただき20年もの間継続してこれた「自転車乗り方教室」、今後も「自転車に乗る楽しさ・便利さ」を感じてくださる方々を応援すべく活動していきたく思います。 皆様のご支援ありがとうございます。
放送は、11月4日(月・祝日)NHK総合テレビ番組「にっぽん紀行」午後7時30〜7時58分「かならず笑顔にしてみせます〜大阪・堺 自転車教室〜」と題して放送されました。 
以下、NHKのHP掲載の番組紹介文をご紹介します。
日本列島各地を訪ね、ささやかな、しかし本物の「人間ドラマ」を発見する紀行ドキュメンタリーです。大阪で評判の無料自転車教室。家での練習では自転車に乗れなかった子どもが1日で笑顔に変わるのだ。その秘密はどこにあるのか。汗と涙と笑いに満ちた親と子の物語を追う。
「1日で乗れるようにさせます」のモットーの下、大阪で評判の無料自転車教室。家ではどんなに練習しても自転車に乗れなかった子どもたちが、帰る時にはみな笑顔に変わる。先生は定年退職後のボランティアの“じいちゃん”たち。泣いたり、投げ出したりする子どもを励まし、一緒に走り、巣立たせるのだ。そんな子供の成長を喜び、一方で子どもとの関係を見つめ直す親たち。たかが自転車、されど自転車。汗と涙と笑顔の物語を追う。

2.サイクリング
『堺・和スイーツサイクリング』開催しました。2013年11月16日(土)
茶の湯を文化に昇華させた「堺の文化人」たち。その茶の湯に対として供される「和菓子」。堺が国際貿易港として栄えたことによる海外から入って来る素材を使った独特の和菓子。戦国武将に好まれたお菓子、千利休に愛されたお菓子など、古い歴史を持つ老舗和菓子舗が並ぶ堺の旧市外の街並みを巡るスイーツサイクリングを行いました。
DSC01073.jpg

 堺の旧市街は江戸時代の大火の後、現在の碁盤の目のような道路に造りかえられました。ですから、道は直線が多く街並が分かり易く海岸に近いため平地ですから、旧市街タウンサイクリングなら初心者も安心です。
自転車博物館を出発、京町通りを海岸方向へ進み、茶道の千家一門の供養塔、千利休好みの茶室 実相庵が在る「南宗寺」前を通り、最中一筋の専門店「南曜堂」です。添加物を一切使用せず、100年以上続く老舗では、堺の江戸幕府の天領(直轄)にちなんだ「天領最中」があります。続いて200m程移動し、鎌倉時代末期創業(1329年)の「かん袋」で、名物「くるみ餅」を店内で食します。
DSC01076.jpg

秋のサイクリングでは温かいお茶が出てとても嬉しい。
DSC01077.jpg

商号の「かん袋」は豊臣秀吉の命によります。 かん袋では、明国(中国)より輸入された農作物にて餅を塩味にして作り、その後ルソン(フィリピン)から輸入された「砂糖」が加えられ、現在の甘味にしました。ここからは、しばらくサイクリングを楽しみお腹を減らします。戦前には一大娯楽施設場のあった「大浜公園」を通り、
DSC01080.jpg

現存する日本最古の木造灯台「旧堺灯台」
DSC01085.jpg

と最近対岸の日本最大級の壁画(タイトル:浪漫やさかい〜時代を越えて通じるロマン〜)を眺め一休み。
001.jpg

 休憩後再びペダルを踏んで湾沿いを海風を頬に感じながら旧市街へ向かい、
DSC01091.jpg

創業1532年の老舗「本家小嶋」へ到着。こちらの「芥子餅」は、古来ヨーロッパから各国の港を経由して渡来した船が、インドから積んできた「芥子」を餡にまぶした和菓子で、茶聖・千利休も愛したといわれている銘菓です。11時で既に完売と云うことで、賞味できませんでした。残念! 次へ向かうは、堺の伝統産業会館へ行きます。 ここでは、堺ゆかりの伝統産業製品「自転車・刃物・線香・和菓子・注染・昆布・敷物・鯉幟など」を展示・紹介・販売をしています。
DSC01095.jpg

館内には、紹介映像もあり一度で堺の産業通になれます。 次なるところへは、直線路で造られた旧市街のお寺が多く残る神明町東、九間町東を抜け江戸時代初期の町家「山口家住宅」(国の重要文化財指定)へ行き見学。
DSC01098.jpg

その後南へ向かい二百数十年の歴史を持つ老舗「八百源来弘堂」で肉桂(シナモン)を使った銘菓「肉桂餅」をいただきました。 香りの良い「肉桂」(ニッキ)は、求肥(白玉粉・餅粉)に保水性の良い砂糖・水飴を混ぜ合わせることで、数日経っても柔らかく、香りの良い上品な和菓子に作りあげられています。 ここからは帰路となり、遠方への旅、新築、転居等の厄除けとして有名な「方違神社」(ほうちがい)へ参拝し、多くの古墳が残る百舌古墳群のひとつ「反正天皇陵古墳」から、世界三大墳墓の一つ「仁徳天皇陵」外周を廻り大仙公園でゴールしました。
和菓子の老舗を巡り、海で灯台を眺め、お寺の多い旧市街から、旧家を見学し、古墳を巡り紅葉の美しい公園へゴールする全行程14kmの周遊サイクリングを27人(男性19人、女性8人)+インストラクターで行いました。 普段乗りの軽快車で充分廻れるコースです。 皆さんも一度巡ってみませんか。(長谷部雅幸)

posted by bikemuse at 09:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

★ 2013年11月第2週

1.博物館便り
『「てつ」の町 堺の秘密を探れ!!』11月9日(土)
歴史街道推進協議会主催の子供向けイベント「てつの町 堺の秘密を探れ!!」が開催されました。
鉄の歴史に支えられて出来上がった「自転車のまち堺」と云う題にて、堺が自転車産地となった歴史・将来に付いての公演を、家族連れの41人(小学生20人)の方々にさせていただきました。

「堺のまち」には鉄に関する不思議がたくさんあります。
「古墳」「刃物」「鉄砲」「自転車」がキーワードです。
堺には4世紀から古墳を造成するための道具用の鉄を加工する高度な技術があり、それが刃物、鉄砲、そして今、世界中の沢山の自転車に装着されている“Made by Sakai”の自転車部品と繋がっています。
江戸時代の町割り(碁盤の目のような東・西・南・北に真っ直ぐ仕切られた道路で形成されている街並)を今も残す「鍛冶の街」堺旧市街。
旧市街は戦災にあいましたが、運よく焼けずに残っている街並があり、現在でも多くの刃物工房や鉄関連の工場があり鍛冶の音がなり響いた往時をしのばせます。 
かの“与謝野晶子”も「住之江や 和泉の 街の 七まちの 鍛冶の音きく 菜の花の道」と“鉄のまち堺”を詠っています。

2.サイクリング
『サイクルモード』が開催されました。
今年のサイクルモードも大賑わいだったようです。 
DSC00905.jpg
憧れの自転車に試乗できることもさることながら、ショー自体も大変華やかで“ワクワク”します。
DSC00916.jpg
2013年ツール・ド・フランス優勝車などは、前に立つだけでアドレナリンが脳に降り注ぐようでした。
DSC00881.jpg 
今回特に新しく人気が集中していたのが、“より速く・より遠くへ・より楽しく”してくれるソフト機材でしょう。
シマノが新しく展開するサイクリストサービスツール“バイクフィッティングシステム”。
自転車は他のスポーツと大きく異なる“機材に乗ってあやつる”があります。 
機材をうまく身体を合わせパワーのベクトルを最高効率の方向に発揮しないと、幾ら出力が大きくても、楽に、速くは走れません。
従来、乗り手の勘だけで自転車上の身体の各ポジションを決めていましたが、この新しいツールを使うと身体がどの位置、どの角度、どの場所でどの筋肉を使うと一番楽で大きな力が出せるか、楽に走れるかがコンピュータデータにて確認できる仕組みです。 
DSC00943.jpg
来春発売だそうですから、私も一番適切な『楽に・速く走れるポジション』を探して貰いたいと思っています。これで、来年の夏はより楽しいサイクリングライフになりそうです。パワーメーターは固定式のものから、走行しながら出力を測れるものなども出てきていて、ショー会場での解説も理論的になり、理論信仰派の方々には一層楽しくなる傾向ですね。 
DSC00948.jpg
DSC00945.jpg
DSC00893.jpg
ロードバイク初心者教室も賑わっていて、変速の仕方・ペダリング等を教えてくれていました。
DSC00886.jpg
ショー会場ではサイクリングシューズの各モデルの各サイズがメーカーの人が説明してくれながら試し履きができるサービスも好評で多くの方が来られていました。
DSC00954.jpg 
また、可愛いシティバイク・ヘルメット、新サドルの他、ランドナー系のブースも渋くてよかったです。
DSC00888.jpg
DSC00955.jpg
DSC00898.jpg
DSC00900.jpg
DSC00957.jpg
 ツーリングイベントを企画した各地域の旅行ブースも賑わっていて、楽しく走る・楽しく人と触れ合う機会を用意してくれる各地サイクリングイベントが盛んになることは、とってもサイクリングライフの厚みが増し嬉しいことです。 
DSC00931.jpg
DSC00933.jpg
(長谷部雅幸))
posted by bikemuse at 16:36| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする