2005年11月27日

★2005年11月第4週

[11月27日 マウンテンバイクは自由になれる道具だと実感]
(1)博物館便り
先週19日(土)、20(日)はインテックス大阪という展示会場で「サイクルモードインターナショナル 2005」という自転車ショーが開かれて、私も19日に見学と各社のパンフレットを資料として収集してきた。会場は展示ブースと試乗コースが納まる関係もあり大変混雑して熱気ムンムン、悪くいえば夜店の屋台の雑踏を歩くイメージだ。各ブースの面積も狭く、ゆっくり見ていられない。大阪にこんなにも多くの自転車ファンがいる事を実感できて嬉しかったが、十分なスペースの会場確保は今後の課題だろう。
また私は入場券をもらってロードバイクで出掛けたのだが、会場には自転車置場がなかった。 チラシ等には自転車置場がないと告知されていたようだが、自転車のイベントに自転車で行けないとは不可解だ。思い切って会場を広く取り、展示会場の一角に入場者用屋内自転車置場を作ってもらいたいと思った。
キャノンデールのブースでシール・エミコさんに会った。 夫のスティーブ氏と彼女はキャノンデールのサポートを受けて世界一周の旅を続けている。5年前にパキスタンで癌に倒れ、4年間の闘病生活の末2004年12月に夢に向って世界一周の旅を再開した。ただ医師から3ヶ月の期限付きの旅としての再開で、今年も12月17日から来年3月16日までの3ヶ月の旅は、インド タージマハルからネパールのカトマンズまでの予定だ。彼等の夢の実現は私のものでもありたいと考え、私も渡航費用の一部にとカンパをしました。








会場でのシール・エミコさんとの記念写真
(2)通勤サイクリング
23日の勤労感謝の日の翌日は博物館の休館日だ。
12月と1月に初級と中級のマウンテンバイクツーリングを開催するので、そのコースを捜すため 堺市 の南部の丘陵地帯を MTB で走ってきた。
久しぶりの MTB でのダートコース走行は新鮮だった。いつも通勤サイクリングで自動車と格闘しながら?走っているのに比べ、排ガスや騒音からも開放されていた。中級のコースとして考えたコースは静かな道を登り、シングルトラックと呼ばれる自転車1台がやっと通れる道をスリリングに下った。俗世界から隔離された世界に入り込んでとても楽しめた。「自転車は自由になれる道具だ」と言った MTB 界の巨人トム・リッチーの言葉を思い出した。
コース試走は通勤サイクリングにも使っているサスペンションが全くない初期のマウンテンバイクだったが、サスペンション付ならもっと楽しめるだろう。
初級ツーリングは12月4日(日)午前中にマウンテンバイクのライディングスクールと川沿いのフラットなダートコースをゆっくり走ります。
中級ツーリングは1月22日(日)午前中に先程のシングルトラックの下りが楽しめるコースを用意しました。関心のある方はご参加ください。  (中村博司)



posted by bikemuse at 12:37| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。