2006年10月28日

★2006年10月第5週

[ 10月29日 パンク時の修理を重視したタイヤ選び]
(1)博物館便り

博物館は15周年のリニューアル工事のため、冬の間に休館して工事をする計画が進行している。
館内の展示については12月25日(月)からの休館後に工事を始めるが、当館の収蔵自転車は100年I以上も前のものが100台以上あり、これらを館外の倉庫に移すと運送途上も含め何らかのトラブルが発生するかもしれない。そこでまず収蔵庫のみを工事して、その後展示車を収蔵庫に納めて展示場の工事を行う改修スケジュールを採用した。まず収蔵庫に入っている約240台の自転車の中で比較的新しい自転車、ロードやMTBなどは館外の倉庫に移動した。
古い自転車は3階の展示を狭めて、その後方に収容しているので、遠目に見る事は可能である。さながら古文書の虫干しのように、普段展示されていない自転車が数多く置いてありますので関心のある方は12月24日(日)までに後来館ください。

(2)通勤サイクリング
愛用の通勤ロードバイクの前輪タイヤが磨耗してきて、ついに下のコードが見え始めた。
早速春に購入したシュワルベのタイヤを装着した。このタイヤは東京の横尾双輪館で購入した。現在通勤バイクのタイヤは国産と外国のタイヤを使用している。耐パンク性能やコーナリングについては申し分なく、ロードタイヤの進化については、タイヤメーカーの努力に敬服するしかない。しかし外国メーカーのタイヤに共通しているのは、パンク修理の時のタイヤの脱着の苦労がある。タイヤレバーを差込み外すのが一苦労なら、タイヤもリムにはめるのも一苦労である。プロレースでの使用を前提に、タイヤがパンクしても絶対に外れないためのサイズなのだとは思う。だからレースでは私も選ぶのだ。
私のようなベテラン(年寄り)でも苦労しているのだから、ビギナー、特に女性ライダーにとってパンクした時の対応は腕力、握力の強さも含め不可能に近いと思うのだ。その話を横尾氏にして脱着の容易なタイヤはないかと相談したら、このシュワルベを紹介されたのである。いつもの通りタイヤを何とか外し、シュワルベを装着したが、実に簡単に出来た。タイヤの収まり、タイヤのラインの確認もしたが実にスムーズだ。これなら初心者に自信を持って薦めることが出来ると思う。もちろん通勤途上の迅速なパンク対応を考えると通勤サイクリストにもお勧めです。(中村博司)
06.10-5.jpg


シュワルベのタイヤ


posted by bikemuse at 11:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。