2007年06月30日

★2007年7月第1週

[ 7月1日 80歳のサイクリストに心から合掌]
(1)博物館便り
先週日曜日は「自転車ライフ体験セミナー」を初めて実施した。 自転車に対する関心は毎年少しづつだが浸透している。
1つのバロメーターとしては、主に首都圏だが自転車に乗る人が増え、高級スポーツ車の売上げは20%以上伸びていると聞いた。 私の執筆した本も順調に版を重ねている事からも分る。
そうした自転車を楽しみたいという関心の高さに対し、自転車の購入、保守管理、乗り方安全対策といったソフトの情報提供は、決して十分と言えないと考えて、この「自転車ライフ体験セミナー」を考えた。
自転車の手入れやパンク修理の体験に1時間、サドルの高さやブレーキのかけ方、交通ルールに1時間、実際に堺の旧市街を囲う環濠をめぐるのに1時間といったスケジュールだ。
たった3時間で教える事は多くないと思うが、実施して参加者の要望を聞きながら、本当に何を知ってもらう事が大事かを見極めて、改善していきたいと考えている。
残念ながら、第1回目の体験セミナーは雨天となり、参加申込みは16名だったが、5名の参加で、少々出鼻をくじかれた。しかし第1回目というものは何かと不慣れで、もたもたしたり、準備不足の可能性もあるので、内心はほっとしたのも事実だ。特に受講者は普段から自転車に乗っていない人の参加を期待して開いたのだが、その分教える手間はマンツーマンに近いものが要請されるかもしれない。 私1人で本当に手が回るのか心配していたのだ。
参加者は中年の御夫婦と中年の男性と女性、そして博物館イベントの常連の男性1名だった。予定した教習は順調に消化して、雨のため環濠めぐりは出来なかったので、予定より早く終った。今回は常連さんが手伝ってくれたが、やはり手伝いは必要だ。次回は8月12日に実施しますので、関心のある方は参加して下さい。

(2)通勤サイクリング
先週は4月の体調不良以来、初めてと言ってよいトレーニングをした。
5月中旬より、通勤サイクリングを再開し、少しづつ体調が戻ったので、休日を利用して100km位をゆっくり走ろうと思ったのだ。泉北ニュータウン内の車の通行が少ないいつもの7.5kmの周回コースを、約45km走った。同じ所を走るのも少し飽きたので、新しいサイクリングコースを探しに緑道に入った。この日は天気が良すぎて、陽射しが強く、木陰の多い緑道に逃げ込むこともあった。やはり緑のトンネルの中は最高だ。道に迷うことを楽しむつもりであちこち走ったが、丘陵地帯に造られたこのニュータウンの道はアップダウンが多く、約80km走ったところで、走るのをやめた。
1リットル以上水分補給したが、体の疲労と日焼けが怖かったのである。これだけ走ったので、翌日は疲れが残っているかと思ったが、返って脚は快調になった。脚は時々刺激を与えるために走り込みをすると、本来の持っている力が蘇るようだ。少々の無理をしないと、体も心も少しづつ萎縮するようだ。
今年のツール・ド・おきなわは、どのような結果を残せるか、59歳のチャレンジで体の体力年齢がつかめるはずだ。
私が泉北ニュータウンを走っていた26日午後に悲しい事故があり、80歳のサイクリストが亡くなった。
長野県の国道のトンネルを走っていて、ダンプカーにはねられたのだ。1年2ヶ月をかけての日本一周のサイクリングから自宅へ帰りつく40km手前の所での事故だそうだ。 戦争で亡くなった戦友の鎮魂の旅だった。
このような話を聞くと、本当に安全に自転車が走れる社会を目指して、より一層の努力が必要だと思う。合掌。 (中村博司)
07.7-1.jpg

泉北ニュータウンの緑道の中でもお気に入りの大蓮池沿いの緑道。






posted by bikemuse at 12:44| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。