2007年07月28日

★2007年7月第5週

[ 7月29日 イベントで自転車との良い思い出を心に刻んでほしい]
(1)博物館便り
先週末から当館主催の最大のイベント「夏休み こども絵画コンクール」が例年通り始まった。しかし今年は展示が全く変わり、中央の大きな通路がなくなって、両サイドの通路が出来た。狭い通路に子供達が画板を広げると、一般見学者が通りにくい。
いろいろ考えて、ホームセンターで棚板と万能台を30セット程を購入して、子供達に座机として使ってもらうことにした。また座机を展示スペースに置ために、展示車も3台を1階に、3台を2階の別の場所に移動させた。 幸いにして子供達も喜んで使ってくれているし、見学者が通れるだけの通路も一応確保出来ている。

07.7-5.jpg座机を使って写生する子供たち







(2)通勤サイクリング
先週は富士見パノラマリゾートで開催されたシマノバイカーズフェスティバルに行き、久しぶりに山の中をマウンテンバイクで走ってきた。
7月下旬という暑い時期に高原の林の中を、きれいな空気を思い切り吸って、気持ちの良い汗をかいて「里山グルメツーリング」のお世話係を担当した。7月20日にコースを確認するための全コースの試走。
21日(土)は約60人、22日(日)は約120人の参加者があり、私は女性や子供達が中心の初心者対象のスクールを実施したあと、アップタウンの少ないコースを選んで走ってもらった。脚力のある人はオプションコースという、距離と難度の高いアップダウンが激しいコースに挑戦していた。
スタート地点で7歳の男の子に会った。お母さんが連れて来て「この子は1人で参加するので、よろしくお願いします」と言うのだ。
私は大丈夫かなと思っていたが、それは杞憂に終った。その子は物怖じすることなく、大人にも話しかけ、また同世代の子供ともすぐに打ち解けて友達になっていた。実にしっかりした子供で、私が7歳の頃にこのような事が出来たか疑問だ。皆そうではなく、両親と共に参加している女の子は、少し転んで泣き出した。たいしたすり傷でもないが泣き止まないので、私は持参した消毒スプレーで傷口をきれいにしてやると、機嫌を直してまた走ってくれた。自分が主人公でいたい年頃なのだろう。こんな子供達がこのマウンテンバイクのイベントでの、良い思い出を心に刻み、自転車が好きになって、大人になっても乗り続けてほしいものだ。(中村博司)


posted by bikemuse at 13:12| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。