2007年11月24日

2007年11月第4週

[ 11月18日 冬には冬の自転車のワクワクする楽しみがある。]
(1)博物館便り
先週18日は「堺自転車のまちづくり・市民の会」のサイクリングを実施した。「広報さかい」やホームページで市民の参加を呼びかけ、9名の参加があり、市民の会のメンバー8名と共に仁徳陵を一周したあと、昔の環濠跡に作られた土居川公園を北上し、高須神社、鉄砲屋敷へ。南海七道駅前から内川沿いに南下し、刃物ミュージアムで休憩して、与謝野晶子生家跡と千利休屋敷跡を回った。次に旧堺港を見下ろす遊歩道を通り、日本最古の木製灯台まで走った。あいにく木枯らし1号が吹きつけ、肌寒く感じて、早々に大浜公園でお茶の時間をゆっくり過ごし、昼頃には当館に帰り着いた。
風が強い他は天候に恵まれ、土居川公園の紅葉も見事だった。観光スポットで止まっては、私が古墳、環濠、鉄砲などの歴史について「博物館学芸員」としての知識でお話をしたが、まずは好評だったようだ。こうしたイベントを年に数回は行い、自転車に乗る楽しさ、面白さ、堺の魅力発見、市民の会のメンバーを増すのに役立てて行きたいと思う。

07.11-4.jpg昔の環濠にかかっていた極楽橋の前で、環濠の歴史を説明した。





(2)通勤サイクリング
一週間前から急に冬の気候に変わった。日中の気温はまだ秋の陽気だが、朝夕の冷え込みは本物になった。冷気は首筋と手首から入ってくる。アンダーシャツもハイネックのものを着用している。実はこれはスキー用のものだ。以前はスキーもしていたが、機会も少なくなり、用具は処分した。ウェアも捨てようかと思ったが、ハイネックのアンダーウェアは冬の通勤に使っている。またウィンドブレーカーも長袖を2着重ねて着用する程でもないので長袖と半袖を重ねている。これは防寒と共に目立つ色の服装にしているためでもある。やはり白、グレー、黒系統の色は目立ちにくい。特に日没が早まり、目立つ明るい色のウェアは交通事故から自分を守るために必要なのだ。
もちろん信号を守る。車の前に飛び出さない=当たり前だが、通りにくい歩道から車道に車線変更?する時、後方からの自動車を確認せず、車道に飛び出す自転車事故がとても多いと聞いている。後方確認の習慣を普段から身につけないと、この事故は防げないと思う。
私も当たり前の安全対策を続けている。たとえ交通ルール違反でなくても、危険を感じたら歩道をゆっくり走ったり、信号待ちの時も車の横を通って前に出る事もしない。少々の時間の節約より、心に余裕を持って、安全第一が結局は自分のためとなると思うのだ。
冬が来たら、私にとってはマウンテンバイクの季節到来だ。12月からはマウンテンバイクのツーリングイベントを3月まで毎月行う。私のツーリングは山の中を走るというより、川沿いのオフロードや里山をゆっくり走る初心者向けのもので、今年は新しいコースを加えるつもりだ。冬には冬の自転車の楽しみがある。車の騒音や排ガスと無縁の世界で、落葉の上を自転車がすべるように走っていくマウンテンバイクの魅力は大きい。少しワクワクしてきた。(中村博司)



posted by bikemuse at 11:31| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。