2010年06月26日

★2010年6月第4週 

[ 6月27日 雨ニモマケズ通勤サイクリング]
(1)博物館便り
先週はこの地域の博物館施設の会合が2つあった。1つは当館のある大仙公園周辺施設連絡会である。単なる情報交換の場であるが、今回は雨天時の団体利用に各館がどう対応しているか話合った。晴天なら大仙公園の芝生の上で弁当を広げればよいが、雨天は困る。当館は館内飲食禁止なので、隣の図書館の広い軒先を利用できるので、予約して下さいと対応している。
図書館も予約を取って、取り合いになるのを防いでいる。堺市博物館や緑化センターは、見学もすることを条件に研修室を利用してもらっている。寒くない時はよいが、冬は室内利用が必要であり、各館ともお役所的な対応ではないので、嬉しくなりました。また大仙公園周辺の百舌鳥古墳群が世界遺産の暫定リスト入りして、堺市も登録に向けて活動を活発化させるという話を聞いた。当館は直接関係ないとも言えるが入館者増のチャンスをどう生かせるのか対応を考えていきたい。
<今週の展示車>
自転車の整備の大切さを訴える不良整備車の展示。磨耗したタイヤやブレーキシューをあえて取り付けて展示したものです。
10.6-4-1.jpg
(2)通勤サイクリング
梅雨入りして雨の中でも走っている。この時期の雨が私は好きだ。自転車の弱点は凍結した路面、雷と共に強風に弱いことだが、この時期は雨天でも風が伴わない。
自転車で走っていても全く寒くない。涼しいと感じる事も多い。もちろん雨で前は見にくいし、ブレーキ性能が落ちるのであまりスピードを出せない。重い泥除け付の自転車は足の負担が大きいなどデメリットも多い。でも満員電車に乗る気にはなれないのです。もちろん今月は830km走ろうと思うと、雨の日も休むわけにはいかない事情があります。いい意味で雨でも自転車に乗る意欲を高め、モチベーションの維持に役立っているのです。(中村博司)
(3)新刊の紹介
八重洲出版から2冊のムック(臨時増刊号)が6月19日に出ました。
10.6-4.jpg
チクリッシモNo19. ジロ・デ・イタリア2010完全レポート号
10.6-4-2.jpg
2010ツール・ド・フランス日本語版の公式プログラム






posted by bikemuse at 14:44| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。