2011年05月28日

★2011年5月第5週

【5月29日 5月は小学生の団体見学が多く、にぎやかです。】
(1)博物館便り
ゴールデンウィークが終り、博物館は小学生の団体見学のピークを迎えている。
小学3〜4年生の時に地元の産業を学ぶ社会見学が組込まれていて、5月は毎年2,000人位自転車産業の勉強のために見学に来てくれる。
以前は自転車の組立作業を工場で見学する時期があったようだが、国内市場向け自転車の生産基地が中国に移り、堺では自転車の生産工場が本当に少なくなり、小学生の見学も受入れていないので、当館に来てくれるのだ。
当館の本物のクラシック自転車を見学したあとに、自転車ひろばでクラシック自転車のレプリカに体験試乗をしてもらい、自転車の仕組みと面白さを体験学習してもらうのである。従来型の単に見て読んで学ぶ博物館より面白く楽しい当館は子供達に人気が高いようだ。多くの子供達の中の何人かが自転車に出会った感動がその後の生き方を決める事もあるだろう。そんな感動体験を演出し、未来の自転車ファンを創るのが当館の使命だと考えて活動しているのです。
<今週の展示車>
「シマノ90年の歩み」に展示中の、1970年代中頃に誕生したマウンテンバイクの初期のモデル「マンテス」です。
1982年発売のDEORE−XTを装着しています。
11.5-5.jpg

(2)通勤サイクリング
先週22日(日)の日本経済新聞朝刊のSunday Nikkei健康のコラムに「自転車 風切って胴回り きゅっ」と題して、当館のイベント「メタボコース」を中心に取材した記事がA-4サイズより一回り大きいスペースを使って掲載された。シマノの社内実験も紹介され、自転車が健康維持に役立つ内容になっている。大阪サイクリング協会の理事で、健康スポーツ医の梶山泰男医師と名古屋市立大学の高石鉄雄准教授のコメントも掲載されている。
私と高石先生が日経新聞出版社から出した「自転車で健康になる」も記事の中で紹介されていた。

(3)新刊の紹介
輪の国びわ湖推進協議会が編集した「ぐるっとびわ湖 自転車の旅」が京都新聞出版センターから5月10日に発売されている。価格は1,200円プラス税金です。
実務にあたったのは京都のNPO環境市民の自転車のグループでも活動する藤本芳一氏と辻野隆雄氏ら輪の国びわ湖推進協議会メンバーである。周回する自転車ルートを紹介するというより、丁寧にびわ湖周辺の自然や街、文化を紹介する内容で充実した取材の努力が感じられる力作です。
全国の書店で5月23日から販売されているが、入手希望の方は上記協議会のホームページ、http://www.biwako1.jp/からも申し込みできます。(中村博司)
11.5-5-1.jpg




posted by bikemuse at 12:53| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。