2012年12月22日

★2012年12月第12月第3週

1.博物館便り
「自転車に関する研究結果」発表会 開催12月21日(金) 場所:自転車博物館
自転車博物館では、大学の研究機関に対し「自転車に関わることを対象とした委託研究」を毎年行っています。 2012年度は、3大学の研究室にて研究発表が12月21日(金)に自転車博物館にて開催されました。
5809.jpg
受講者からの質問も相次ぎ、これからの自転車ライフ構築・発展のとても参考になりました。 
社会の中での自転車の活用が特に注目されている現在、効果的な自転車利用の街づくり報告は社会の一員として提案できる事項が沢山含まれていることに気がつきます。 
それと、トレーニングに寄る効果的な健康体つくりや、ペダル間隔の変化によるパフォーマンス向上は、もっと速く自転車が走らせることができ、今より登り坂は確実に速く上れそうな気がし、自分で試したくてワクワクしています。

研究発表内容
1、元大阪大学大学院:新田先生(現職:鈴鹿高等工業専門学校校長)
テーマ:「堺市における自転車交通関連行政施策および自転車利用環境整備の実績に関する分析」
2、名古屋市立大学:高石先生 
テーマ:「女性のペダリングパフォーマンスを向上させるペダル間隔」
3、大阪体育大学:豊岡先生
テーマ:「3ヶ月の自転車トレーニングが身体組成、最大酸素摂取量、代謝能力及び血液性状に及ぼす影響」

2、サイクリング
(1)12月16日(日) MTBサイクリング
 
師走の喧騒を逃れて、自然が残る郊外に安らぎを求めMTBツーリングを行いました。
5767.jpg
5790.jpg
5782.jpg
5786.jpg
ちょっと都会で仕事をしている風ですが、実は私の住居の近所で田畑・雑木林が残り、冬になって木枯らしが葉っぱを飛ばしてしまった少ない緑の中に綺麗なオレンジ色が輝くみかんや柿木々のあるハーベストの丘周辺にある石津川支川沿いのオフロードを14人の方々MTBでのオフロードランを楽しみました。 
5801.jpg
5789.jpg
普段ついついわき目も振らず体を酷使するほどの走りを喜びとしてしまう私のランですが、今回は10歳(やっぱり可愛いですね)から75歳までの方とご一緒でしたし、今期始めてのオフロードランですから体もオフロード走行の勘を取り戻さなくてはならないので、皆さんの走り具合を見ながら紅葉が未だ残る雑木林や、野原の景色を楽しみ、背中に暖かい太陽の陽を感じながらのんびりと走ってきました。 
5778.jpg
5762.jpg
5773.jpg
今回のような集団走行では、集団に合わせた走り方になるのでブレーキ操作、変速操作などがいつもの自分の走り方のタイミングとは異なりますね。ですから、前者に接触しての転倒防止、路面確認の為、前者との車間距離は充分に保つように心掛けるが重要ですね。 
また、ブレーキや変速機の操作回数も一人で走るときと比べ格段に増えるし、何時もより力も入ります。 だからメカトラブルも起こりがちです。集団でのサイクリングに行かれるときは、体調管理と共に前日にちょっとした時間を費やして自転車の性能・安全チェックっておくと快適なサイクリングタイムが満喫できますね。
5806.jpg
(長谷部雅幸)


posted by bikemuse at 11:33| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。