2013年08月23日

★ 2013年8月第4週

1.博物館便り
『こんな自転車ほしかってんコンテスト』開催中です。
1)自転車博物館では、夏休み期間にこどもを対象にした2つの催しを行なっています。
「夏休みこども絵画コンクール」及び「こんな自転車ほしかってんコンテスト」です。
「こんな自転車ほしかってんコンテスト」とは、“文部科学省が子どもたちには、将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力が求められている。”として始まった子供たちへの「キャリア教育」」を受けてスタートしました。
キャリアとは人は、他者や社会とのかかわりの中で、職業人、家庭人、地域社会の一員等、様々な役割を担いながら生きている。これらの役割は、生涯という時間的な流れの中で変化しつつ積み重なり、つながっていくものである。また、このような役割の中には、所属する集団や組織から与えられたものや日常生活の中で特に意識せず習慣的に行っているものもあるが、人はこれらを含めた様々な役割の関係や価値を自ら判断し、取捨選択や創造を重ねながら取り組んでいる。人は、このような自分の役割を果たして活動すること、つまり「働くこと」を通して、人や社会にかかわることになり、そのかかわり方の違いが「自分らしい生き方」となっていくものです。
このように、人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ねが、「キャリア」の意味するところである。(文部科学省 中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」平成23 年1月31 日より)このように、自転車博物館で行なっている「こんな自転車ほしかってんコンテスト」は専用応募用紙(自転車博物館で配布、又は自転車博物館HPよりダウンロード)を使って行ない、教育の一環として考えておりますので、子供たちの身の回りに近い自転車を通じて、考える力を養うように応募用紙ができており、応募用紙に書かれた順番に考え答えていくと「人間関係形成能力」「情報活用能力」「将来設計能力」「意思決定能力」が身に付くよう設計されたテキストになっています。 応募対象は、小学校4〜6年と中学生に限ります。 皆さんの身近な子供さんと一緒に応募しませんか。 応募受付は、10月31日(木)が締め切りです。未だ時間があります。
9412.jpg

2)『竹内街道・横大路(大道)』“秋フェス”スタートのパンフ出来上がりました。
竹内街道・横大路(大道)が通る10市町村の魅力をガイドしています。
9407.jpg

10市町村:「大阪市・堺市・松原市・羽曳野市・太子町・葛城市・大和高田市・橿原市・桜井市・明日香村」 これら10の市町村では、1400年を記念するイベント、リレーウオーキング、幻想的なライトアップイベント、勿論サイクリングなどなど毎月街道沿いのあちこちで色々なイベントが開催されます。  これらのイベント情報がパンフに掲載されているほか、観光名所からグルメ・古い町家が続くロマン街道まで15ページに渡って満載です。
9405.jpg

9406.jpg 

今年の秋は『竹内街道・横大路(大道)』“秋フェス”で楽しめそうですね。このパンフレットは、自転車博物館で無料配布しております。

3)臨時増刊『ツール・ド・フランス 100回大会』完全レポート発売になりました。
2013年今年のツール・ド・フランスも各選手熱い戦いでたくさんのドラマを生み、サイクルファンを楽しませてくれましたね 毎晩テレビを楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。 
9408.jpg

サイクルスポーツ10月号臨時増刊として『ツール・ド・フランス 100回大会』完全レポートが発売になりました。 テレビでは出て来ない、観られないツールのシーン、選手のドラマ、レースの裏話、観客のインタビュー、過去の名ドラマの再現物語など綺麗な写真が多く使われているので、観て読んでツールを再度楽しめます。 定価:1575円
9409.jpg

9410.jpg

2、サイクリング
 『夏の果物』

夏の果物を見付けに近所をサイクリングしました。 自転車なら10km程もそれ程苦なく走れ、散歩には丁度よいですね。 何と言っても、販売している農家の方とお喋りができ、今年の果物の出来具合からその地の名物、観光名所など地元の方とのふれ合いが一番楽しいですね。 片道10kmで往復20km、地元の2時間位でしょうか。
今回は、狭山市の大野地区を回ってみました。大野地区は、大野ぶどうと言って狭山市界隈では有名ですが、最近はマスクメロンの栽培も多く1個900円でした。ぶどう棚の中の農道を散策し、自然の緑の中を楽しみました。今の時期、池に咲くピンク色の蓮の花が綺麗でした。蓮の花は“清らかさや聖性”と称されますね。
9279.jpg

石川サイクルラインを真夏に走るのもいいですね。草の緑は濃く勢いを感じます。
9246.jpg

時折川風が吹いて体を冷やしてくれる瞬間が爽快ですね。
石川に掛かる「文化庁登録有形文化財」の“自転車・歩行者専用 玉手橋”があります。
9258.jpg

昭和3年の架橋された五径間吊橋で“とっても可愛い”橋です。
9257.jpg

9259.jpg

9260.jpg

この橋を渡り、駒ヶ谷に入ったグレープロード周辺では、大きなぶどうがぶどう棚いっぱいになっていて、嬉しい果樹の季節を感じます。 
9265.jpg

9268.jpg

ワインのぶどうも実をたわわにしていました。
9263.jpg

今年の新酒が楽しみですね。(長谷部雅幸)



posted by bikemuse at 17:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。