2013年10月29日

★2013年10月第4週

1.博物館便り
NHK総合テレビ放送のお知らせ『自転車乗り方教室』11月4日(月・祝)放送
自転車博物館では20年に渡って、自転車に乗れない方にコマなし自転車を乗れるようお手伝いする「自転車乗り方教室(初心者スクール)」を開催してきました。受講した方の数は、延べ2万人以上にもなり、多くの方々に自転車の素晴らしさ、便利さを知ってもらえるお手伝いをしてきました。 この度、この「自転車乗り方教室」で“自転車に乗りたいと純粋に思い練習する子供達”と、それを全力で支える平均年齢65歳以上の指導員の姿をドキュメントにした番組が作られました。 自転車に乗りたいと云う一つの目標に向かって頑張って練習する子供と、それを情熱で支える大人たちの感動の物語です。   放送予定日:2013年11月4日(月・祝) 午後7時30分〜7時55分 番組名:「にっぽん紀行」(NHK総合テレビ)


2、サイクリング
『1400年の古道・竹内街道から駒ヶ谷周辺ワイナリー』を巡る
今年で、官道敷設1400年を迎える「竹内街道・横大路〜難波から飛鳥へ」が通る市町村では、各種イベントが行われ盛り上がりを見せています。11月17日(日)の難波の宮にてこの「竹内街道敷設1400年記念を祝う目玉イベント」が開催されます。各自治体が誇るグルメ「大道うまいもん市」や古道をテーマニした演劇・音楽ステージや、「大道燈火会」も計画されています。 古道・竹内街道を通り“堺市から羽曳野市”へ行くと、駒ケ谷のこの竹内街道沿いに大阪のワイナリーが点在します。駒ヶ谷は、東西に風が通り、水はけの良い傾斜に日当たりがよく葡萄栽培に適した地形で、以前は日本で一番多く葡萄が栽培されていたところです。 今回は、今年の新酒(ヌーボー)を求め、4つのワイナリーを巡りました。 先ずは、ワイナリーと来れば、ブドウ畑の中を通る通称“ぶどう坂”ですね。
DSC00590.jpg
登り始めから12.4%の急坂で足に乳酸を溜められてしまい、その後の登りのしんどいこと。距離3.8km、スタート地点から変電所までの高低差290mを速い人は15分位で登るらしいです。
DSC00583.jpg
この坂の2/3位の所に「ひめひこワイン」があります。 
DSC00598.jpg
坂の途中から、大和川を眼下に遠く堺の街並みが見渡せ、右方向には高いビルが立ち並ぶ大阪市内が望めます。楽しいくだり坂を堪能し終わると、100年前からの「カタシモ・ワイナリー」直販所に着きます。新酒が並んでいます。 今年の新酒でも、熟成させたものは、11月から出回るとのこと。可愛いボトルがなんともいいですね。ワインに付いて色々教えていただきました。カタシモワイナリーは太平寺と云う日本家屋が美しいたたずまいを残す集落の中にあり、太平寺周辺は散策にお勧めです。 
DSC00601.jpg
次は、石川に戻り、ディズニーランドに在るようなメルヘンチックな自転車と歩行者専用橋“たまて橋”を渡り、
DSC00602.jpg
DSC00603.jpg
竹内街道に戻り街道沿いに在るレストラン「エイトベース」にてランチです。
DSC00605.jpg
ランチセット(\1350)は12種類もの食材が盆に並び、まるで“箱庭風”に作られた盆はとっても可愛くまるで“おままごと”してる風です。 見ていて楽しく会話も弾みますね。とっても人気のお店のようで満席でした。 この並びに、お野菜天然酵母パン「とき」があります。
DSC00608.jpg
お店の中は“天然酵母”(りんご、にんじん、長芋を酵母としているそうです)のとってもいい香りで満たされて店内に居るだけで、脳がふんわりと軽くなり心が和みます。 可愛いパンも多いです。
DSC00609.jpg
営業日は、(水)・(土)の週2日のみ。竹内街道を東へ進み、
DSC00622.jpg
日本家屋と小川が綺麗な集落を抜け、上ノ太子駅先を左折すると「飛鳥ワイン」です。
DSC00624.jpg
先へ進むと南河内グリーンロードへ出て、グレープヒルスポーツ公園を左折すると
DSC00630.jpg
「河内ワイン」の綺麗なワイン館に到着。 
DSC00631.jpg
今年の新酒が売られています。
DSC00632.jpg
DSC00636.jpg
1.8リットル瓶入り白ワインが特徴的です。
DSC00665.jpg
普通のワインボトルと比べると“じゃんぼ”ですね。 河内ワインでは、日本家屋(元は蔵のようです)のサロンでランチ(要予約)も提供しているそうで、楽しみが一つ増えました。 
DSC00644.jpg
近鉄南大阪線「駒ヶ谷駅」から徒歩8分ですから、帰りは輪行も容易にできるロケーションです。 傾斜の葡萄畑をぐるりと巡るサイクリングは秋の陽射しの中で心身をリラックスさせてくれます。 
DSC00638.jpg
ワインは背負って帰ります。 サイクリングには、軽量ザックは必需品ですね。 
DSC00643.jpg
帰りには、羽曳野市古市駅周辺の散策と竹内街道もお勧めです。 
DSC00651.jpg
DSC00648.jpg
(長谷部雅幸)
posted by bikemuse at 11:35| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする